恋愛小説(愛欲) 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/24 03:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(46) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  •  萌美は午後一で会社を出た。 街は真夏の日射しが降り注いでいる。今日で連続四日の猛暑日だった。萌美の服装も涼しく、ブラウスは胸が開いた淡い水色で、スカートも下着の線が辿れるほどの生地の薄いタイトスカートになっている。 嫌らしいとか女の屈辱とか騒いでいたわりには、本人が身に着ける服装は男に抱かれるたびに一皮むけていく。 萌美は途中、百貨店に寄り、菓子折りを購入してから電車に乗る。空いているので痴漢の

2位
aosaga9さん
  • 情報提供水泳部マネージャー (79)デレデレ処女に挿入 ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)水泳部マネージャー 目次水泳部マネージャー (79)デレデレ処女に挿入「先生、もういいですか?」(くううっ、もう我慢できんっ…、ダメだったら、先生に挿れるっ…)結衣からお預けを食らって限界まで膨張したデカチンの先端からカウパー液のヨダレを垂らす幸太は我慢の限界だった。美優紀の愛液まみれの膣口を指マンで十分ほぐすと結衣にナマ本番許可をお願いした。「あ、あ…、いい…」

3位
aosaga9さん
  • 情報提供水泳部マネージャー (78)処女に挿れる前の作法 ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)水泳部マネージャー 目次水泳部マネージャー (78)処女に挿れる前の作法「ふはっ、ちゅじゅぶっ…、え、なに?…」実は美優紀が結衣のフィンガーテクに感じているとは露知らず、自分が悶えさせていると勘違してベロチューに夢中になっていた幸太は、「ビリっ」という音がして振り向いた。「クンニしてあげて、処女だから十分にほぐしてあげてね」見ると結衣が破ったらしく開脚したスパッ
4位 熊野まゆさん
  • 情報提供秘されし、その甘やかな救済 第三章16 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • 「ふぁ、あ……っ」 口もとは押さえていても声が漏れ出てしまう。恥ずかしそうに顔を伏せるラティーシャの服をマティアスは脱がせにかかる。「すべて見たい。舐めまわすのが叶わないのならば、この目にきみのすべてを焼きつけたい」 マティアスの言葉を聞くなりラティーシャは大きく息を吸った。 ――何てことを言うの! 火がついたように全身が熱くなる。いや、マティアスによって羞恥心に火をつけられたのには違いない。 う
5位 常盤準さん
  • 情報提供第五章・王様ゲーム【9】 常盤準(イズミエゴタ)の世界常盤準さんのプロフィール
  • 温泉旅館の座敷に敷かれた布団の上に、四つの桃尻が並んだ――。壮介はそれぞれの揉み心地、肌触りを味わいながら、順番に突き入れた。本気汁に次々とコーティングされて、肉棒がトロトロになった。順番を待つ女性は、指入れオナニーで挿入の準備に余念がなかった。「壮介くん……お、お尻の穴も、責めてください」最年少、沙知絵の小ぶりな桃尻を揉みしだき、ペニスを出し入れしていると、そう求めてきた。「……さ、沙知絵ちゃん
6位 aosaga9さん
  • 情報提供水泳部マネージャー (77)結衣の特別研修 ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)水泳部マネージャー 目次水泳部マネージャー (77)結衣の特別研修「うふふっ、なんでって、紗耶香が教えてくれたからよ」ミニスカにガーターニーハイストッキングの足を組んでパンチラしそうな担任教師飯山結衣は、フリーズした幸太を安心させるような笑顔を見せた。「紗耶香?、オッパイ先生がなんで?…、いやそんなことより、先生、授業は?」結衣の笑顔に緊張が解けた幸太は巨乳体育
7位 Loccaさん
8位 Loccaさん
9位 yukarinさん
  • 情報提供集団痴漢2 チンコが挿入・・ 女子力yukarinさんのプロフィール
  • ← →  ブログランキング            アクセス解析前記事の続きよ。生涯、最大の不覚のユカリンよ。痴漢にも大小ってあるのかしら・・何度も痴漢に遭遇したけど、今回は特別かも。口に厚衣のハンカチで塞がれていたので男の子の手を齧る事もできなくて、さらに運が悪くシャツのボタンを2個をはずすと、ユカリンの美乳がノーブラの為に、ポローンとシャツ外に飛び出てしまったわ。...
10位 熊野まゆさん
  • 情報提供秘されし、その甘やかな救済 第三章15 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • 「もちろん、きみがよければ――の話だが」 ラティーシャは口を開きかけ、しかしすぐに閉じて代わりにこくりとうなずいた。「もちろんいいです」などとはっきり答えてしまうのはどうにも恥ずかしい。しかしながら、彼と触れ合いたいという欲求があるのは確かだった。「本当に?」 両の手のひらを手で覆われる。マティアスの手は熱く、その熱が伝わってきたせいかラティーシャの頬もまた温度を上げる。(うなずくだけでは、だめな
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 sazanami-hさん
12位 yukarinさん
  • 情報提供痴漢を名残惜しむユカリン? 女子力yukarinさんのプロフィール
  • ← →  ブログランキング            アクセス解析痴漢の高校生の顔面をおもいっきりパンチした時その子のメガネを直接、叩いたものだから、メガネのガラスが割れ、その子の目にガラスが刺さったかも知れないし、もしかしたら失明など考えたり、後味が悪く、その事が気になっていたユカリンよ。ここまでが前記事の内容よ。  続きをかくわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...
13位 北条光影さん
  • 情報提供義母の悪行(5)「ウフフッ 息子が出来たみたい」 エロティック小説ABC/北条光影北条光影さんのプロフィール
  • ピンポ〜ン「入って 今作ってるところよ」すでにテーブルにおかずが並んでいる 「わぁ かなり本格的ですね」「最初だから特別よ 期待しすぎないでね」「わかりました 何か手伝いましょうか?」「いいわよ 仕事で疲れてるのに」とりあえず台所のテーブルのイスに座った「部屋でテレビでも見てていいのよ」「そうだ 僕の席ここでいいんですか」「どこでもいいわよ ウフフッ」義母は今日スカートを履いている作ってる姿を見な
14位 yukarinさん
  • 情報提供痴漢に逆襲 女子力yukarinさんのプロフィール
  • ← →  ブログランキング            アクセス解析痴漢への応酬ハァーーハァーーと、息を殺して電車の天井を見ながら、我慢と快感のため息を吐いているユカリンでした。ここまでが前記事よ・・・・・・・・続きを書きますね。ユカリンのマンちゃんに、リーダーのチンコが、バンバン突いてきて、愛していない男であれば、なんも感じないと、思っていたユカリンだけど・・・、当然...
15位 北条光影さん
  • 情報提供義母の悪行(6)「気になりますがもうやめておきます」 エロティック小説ABC/北条光影北条光影さんのプロフィール
  • 「教えてください」次の日会ってすぐに聞いてみた「だから言いにくいことなの」「仕事が手につかないんですよ」「それは困ったわね」少し考えたあと義母は口を開いた「ユリには内緒にしてくれる?」「はい それは」「知られたくないのよまぁ いずれわかっちゃうかもしれないけど」「はぁ」見当がつかないことだとはいえ普通に考えればお金か男だ何か詐欺にでもあったのだろうか「全部は話せないわ 恥ずかしいし」「少しでもいい
16位 ヒデマルさん
  • 情報提供嫁乳の檻〜その1〜 官能小説 〜日常の人妻と他人棒〜ヒデマルさんのプロフィール
  • 刑務官舎の最上階に位置する401号室は、日中に焼き付いたモルタル屋根の放熱で夜になってからもエアコンの効きが悪く蒸し暑かった。この部屋の主である鈴木昌義は勤続35年目の刑務官である。勤務明けの日は、妻が先に寝た深夜に1人で映画を観て秘蔵の日本酒を味わうことを楽しみにしていた。刑務官としては、出世に縁がなかったものの大きなミスをすることもなく無難に仕事をこなし、私生活では妻の照子との間に一男一女をも
17位 熊野まゆさん
  • 情報提供秘されし、その甘やかな救済 第三章14 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  まばたきをした一瞬で景色が一変した。「――っ!?」 ラティーシャはきょろきょろとあたりを見まわす。足をつけているのは地面ではない。もし雲に乗ることができたなら、こういう心地なのだろう。ふわふわとした白い床は見た目には空に浮かぶ雲そのものだ。目の前には床と同じベッドらしきものがある。 ――この世のものとは思えないほど神秘的な空間だ。いや、ここはこの世ではないのかもしれない。どこまでも広がる白い雲は天
18位 先生の秘密基地さん
19位 裏宙ちゃんさん
  • 情報提供☆ 美沙の凄春その119=吸われる舌。 アンドロメダな朝=美少女とご主人様の愛の物語裏宙ちゃんさんのプロフィール
  •  美沙は一樹の手を取って立ち上がった。 一樹の後ろに回って一樹の薄いジャケットを取り、海島綿のタートルネックを脱がせる。 少年の贅肉も筋肉も無いしなやかな体が現れる。 美沙はその清らかな背中に頬を付けた。 力強い鼓動が聞こえた。 その鼓動が自分までも生かそうとしてくれている。 美沙は睫を濡らし始めた涙が一樹の背に付かない裡に離れた。  ベッドの端に仰向けに倒れ込んだ。 一樹が来てくれるのかどうか、
20位 ロスコーさん
  • 情報提供さらなるNTRへ、制服教師をお仕置き レメの官能小説ロスコーさんのプロフィール
  • 第二十六話 さらなるNTRへ、制服教師をお仕置き ◆姉の調教を承諾させるため愛華先生を放置お仕置き  山川女子高校の正門前で貫太と並び、夜目にも白く美しい四つんばいになった愛華先生と優美ちゃんを立ったままバックから犯して […]さらなるNTRへ、制服教師をお仕置きはレメの官能小説で公開された投稿です。
21位 ロスコーさん
  • 情報提供女の子が着けていたブラジャーとパンティ、ゲットだぜ! レメの官能小説ロスコーさんのプロフィール
  • 第4話 女の子が着けていたブラジャーとパンティ、ゲットだぜ! ○男の目を悦ばせるって……? 「悦ぶってあの……男の人がですよね?」 1段下から見上げる少女の顔が強張っていく。 まだ潤ったままの瞳を大きくひらいて、細い眉毛 […]女の子が着けていたブラジャーとパンティ、ゲットだぜ!はレメの官能小説で公開された投稿です。
22位 ロスコーさん
  • 情報提供触手に捕らえられた少女の行方 レメの官能小説ロスコーさんのプロフィール
  • 第7話 触手に捕らえられた少女の行方  ○触手現る2  脚を閉じようと何度も試みてみた。  脚に絡みついた触手を、腕を伸ばして払いのけようとしたがビクともしなかった。  それもそのはず、触手は脚に絡み付いただけではなく、 […]触手に捕らえられた少女の行方はレメの官能小説で公開された投稿です。
23位 sayaさん
  • 情報提供あの子6 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • ド派手なピンクの看板には大きく「Rio」と書かれていた。「ここ」『ここ?』建物は普通の雑居ビル。「この上」理沙子に続いてエレベーターに乗った。『来たことあるの?』「ないよ」『前みたいに、エレベーター降りたらすぐフロアだったらどうすんの?』「あぁ。考えてなかった」『ぇえ!?』「大丈夫でしょ」そうこうしているうちに扉は開いた。前回のように開いたらすぐに店内ではなかった。薄暗いエレベーターホール。紫とピン
24位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供Round 229④濡れたまま。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • お風呂から出て ベッドに行こうとすると ちょっと待って。って 先生が背中を拭いてくれました 私には、 あまり体を拭か ... Copyright © 2017 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
25位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供Round 230⑤濡れた音。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • ベッドでは 『先生、ラクな体勢にしててね』 って言うと 先生は壁に寄り掛かって座ったので そのまま私は四つ這いで 先生の下半身にペロペロと キス ... Copyright © 2017 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 フィンさん
  • 情報提供究極のクリ連続イキへの導き方(3)呼吸法 性調教師フィンフィンさんのプロフィール
  • 皆さま、こんにちは☆電マによる外陰部開発の基本は、次の順番で進めていきます。まずは電マを1本使用して、1)クリ根元(割れ目の始まるところ):クリそのものには触れないを行います。次に電マを2本使用します。2)クリ両脇(大陰唇上部)の2点同時刺激:クリそのものには触れない3)クリ根元と会陰(膣口と肛門の間)の2点同時刺激4)クリ根元と肛門の2点同時刺激(必要であれば)この1〜4を数回繰り返します。クリ
27位 tkさん
  • 情報提供迫り来る性欲 33  あなたのニュルニュルを全身に浴びたいの 大人の E 小説tkさんのプロフィール
  • 時岡は腰を振っていた腰を振り、香奈の魅惑的な部分に己の巨根を出し入れしていた出し入れする度に彼の巨根は悦んだ、その甘美な感触に酔いしれた23時の迫り来る性欲で目が覚めた彼の前に、裸の香奈がいたまだ催淫剤の効果が残っている香奈は、彼のモノが欲しくてたまらなかった彼女はベッドの上で脚を開き、とっても甘い声で挿入をせがんだ自分のトロトロになったメスの部分を見せつけながら、彼を誘った彼は躊躇なく挿入した思
28位 フィンさん
  • 情報提供究極のクリ連続イキへの導き方(4)快感限界を引き上げる 性調教師フィンフィンさんのプロフィール
  • 皆さま、こんにちは☆次に、少し苦しい快感が訪れるまで電マ振動を上げ、女性の快感限界を調べます。心地いいだけではクリの感度は上がらないからです。反対に苦しい快感が続くと女性は力が入って身構えてしまい、開発効果が下がります。そこで、快感限界を知るために電マ振動を徐々に上げながら、女性の眉間に皺が寄るかどうかを注意深く観察します。眉間に皺が寄ったら、すかさず電マをクリ根元から離し、今の振動数を確認してか
29位 常盤準さん
  • 情報提供第五章・王様ゲーム【6】 常盤準(イズミエゴタ)の世界常盤準さんのプロフィール
  • 「あぁ、佳純ったら、そんなことしちゃって」唾液でヌルヌルにコーティングされた壮介の肉棒を見つめて、裕美が狂おしく呟いた。「フフフ、裕美さん……お先に失礼します」佳純はそう言って、ペニスにしゃぶりついた。亀頭を舐め回し、カリまで咥え、ヌメヌメと肉棒を這い下りた唇が、絞るようにしごき上げた。「もお、センパイを差し置いて。佳純って、なんてエッチなコだったの」言いながら、裕美もペニスに顔を近づけてきた。「
30位 常盤準さん
  • 情報提供第五章・王様ゲーム【8】 常盤準(イズミエゴタ)の世界常盤準さんのプロフィール
  • 人妻所長代理の美歩が、中年新入社員の壮介に女性上位で覆い被さり、頭に両腕でしがみつき、狂おしい腰つきで、グチャッ、グチャッ、グチャッ――と、自らの中に肉棒を何度も出し入れさせた。「あッ、あッ、いぃ……私、すぐにイキそうよ」「ぐうっ、俺も……」二人の痴態を間近で取り囲む三人の女子社員、裕美、佳純、沙知絵が固唾を飲んで見つめていた。「もおっ、だめ……ダメダメ、イッちゃう!」淫らに躍る自分の肢体を恥ずか
31位 赤星直也さん
  • 情報提供十字架のある学園 第40話 昌美との買い物 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  •  翌日、始業式前だというのに直美は学園に向かった。職員室に入ると「岡崎先生、すみませんね」昌美が先に来ていた。「早いのですね」「モデルより遅く来たんじゃ失礼でしょう。それより、部員が待ってますから」直美は引かれるように部室に連れ込まれた。 「今日は特別な事もするから、全員ヌードです」昌美が声をあげると、皆が黙ったまま脱ぎだした。「ほら、直美さんも脱ぐのよ」見渡せば、部員や昌美はもう下着姿になってい
32位 Loccaさん
33位 kanno.iさん
34位 一ノ瀬なつみさん
  • 情報提供第6節『寝取られ夢彦の冒険(第2巻)』一部公開 ひとり寝の夜のお供に…一ノ瀬なつみさんのプロフィール
  • 寝取られ夢彦の冒険(第2巻): 爆乳姉妹を淫乱教祖から救いだせ! [Kindle版]Amazonにて250円で販売中!女探偵・スミレは、エクスタシー教の幹部に案内されて、大きな扉の前に立っていた。さきほどまでこの幹部信者に、エクスタシー教の教義やシステムについて説明を受けていた。「サクラ様は、エクスタシー教について、どのようなイメージをお持ちですか?」さっきまでいた応接室で、幹部信者はにこやかにスミレに尋ねた。スミレ
35位 sayaさん
  • 情報提供あの子5 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • 隣の席から聞こえる世間を知らなかったころの自分たちのような会話を少しだけ世の中を知った私たちが苦笑いで受け止める。どこで道を間違えたのかまだ学生だからと割り切っているのか何にせよ私たちは選ぶ道を間違えた。それは事実だ。だけど真っ当な道に戻る予定は今のところない。風俗の世界に入ったことで得たこともある。普通のバイトをしていたらタカさんにはきっと出会えなかった。それから友奈の自殺についても調べようと
36位 かときびとさん
  • 情報提供京都で出会った人妻 61 かときびと文庫かときびとさんのプロフィール
  • 「ねえっ、一つ提案があるんだけど??」と、僕が言うと僕の顔を覗き込むように「提案って何?」とも聞き返す「うん、あのさ・・」と言う言葉が詰まり「何?何?」「うん。あのねっ・・」「何よ?言って」「あのさ、僕らこうして偶然にも出会ったよねこうして、お互い家庭を持ちながらこうして、同じ車に乗って」「うん、今まで結婚して他の男性と二人だけで車というのに乗ったことがないんですよ」「実は、僕もそうなんだこれから
37位 桜井真琴さん
38位 Mikikoさん
  • 情報提供由美と美弥子 2308 Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  •  美弥子は、電柱まで歩んだ身を反転させた。 電柱に向け、尻を突き出す。 同時だった。 高らかな放屁音が、静寂を切り裂く。 続いて、大便が腸壁を擦る擦過音。 道路に、重たいものが落ちる湿った音。 腸は、たちまち空になった。 美弥子は再び身を反転させ、電柱を見返る。 柱の根元には、人糞とは思えないほど大量の大便が盛りあがっていた。 柔らかいサラミソーセージのようだった。 湯気を上げていた。 美弥子は、
39位 kanno.iさん
  • 情報提供飛行機乗りの孫 〜間章〜 [官能小説]熟女の園kanno.iさんのプロフィール
  • 「おい、ぼーっとしてどういたんだ?」「いえ、なんでもないの」 私は最近物事に集中できなくなり主人や周りの人に注意されることが増えました。それは孫の明彦と過ごした
40位 tkさん
  • 情報提供異星にて 6  「地球人のち〇ぽ・・・おそるべし・・・」 大人の E 小説tkさんのプロフィール
  • 「さぁ、逆回転を始めなさい」女所長が騎乗位で膣内を回転させている女ふたりに命じた「ぁ・・ああ・・気持ちイイ・・・気持ちがイイ・・・」「はぁん・・・ぁあん・・・ぁあ・・ぁあん」俺達の上でお〇〇こを回転させているアンとタキはあえぎ、悶えているとっても気持ち良さそうだ「こら、おまえたち、私の言うことが聞こえないのか?男たちをさらに痛がらせて、拷問するためにお〇〇こを逆回転させろと言ってるんだ」所長が俺た
41位 長住哲雄さん
  • 情報提供愛し合うふたりは、「鏡映し」の行動をとる 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  • 知らなきゃよかった「恋愛法則」  法則9  愛し合うふたりは、「鏡映し」の行動をとるこのふたりはデキているか? それを見破る観察ポイントのひとつに「ミラー行動」があります。この法則を逆手に使えば、ふたりの距離は――。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  こいつら、デキてるのか? あるいは、近々、そうなることが予想される関係か? それとも、すでに愛が冷め始め
42位 thecollectorさん
43位 sayaさん
  • 情報提供あの子7 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • 扉の向こう側は響き渡る騒音とエレベーターホールよりも暗い店内が広がっていた。「いらっしゃいませ!」男性スタッフが何人もこちらを向いて挨拶をする。しかしスタッフは店に入ってきたのが見知らぬ女性2人だったので少し驚いた表情を見せた。店の奥に座っていた客も目を丸くしてこちらを見ている。「あ、あの・・・」「はい。体験入店でしょうか?」スタッフは客の目を気にしてか私たちを外に連れ出し声を潜めて理沙子に聞いた。
44位 赤星直也さん
  • 情報提供十字架のある学園 第39話 二度目のモデル 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  •  直美達は、その後も近藤や水谷によって辱めを受けていたが、暮れも押し迫った頃に、学園の理事会が開かれた。理事長は最近の近藤の指導方法に疑問を投げかけ、それには近藤も言い訳がましい事を並べている。 だが、理事長は近藤の移動を決め「春から、地方の高校と提携する事になったから、そちらに行って貰う」事実上の解任だ。近藤は行きたくはないが、理事長命令とあっては逆らえないから転勤するしかない。「理事長、後任に
45位 裏宙ちゃんさん
  • 情報提供☆ 美沙の凄春その120=灼熱。 アンドロメダな朝=美少女とご主人様の愛の物語裏宙ちゃんさんのプロフィール
  • 「うっ。」 一樹が思わず声を漏らした。 恥ずかしそうに顔を横に向ける。「気持ちいい?」 美沙し嬉しくなって聞いた。 返事がないのは図星の証拠とさらに一樹の胸を舐め続けた。 それは美沙にとって橋本の時とは違い、至福の作業だった「お願い、我慢しないで、感じて、私で。」 美沙はバスローブを脱ぎ捨て、一樹の掌を自らの胸に導いた。 一樹の掌の上から自分の手を重ね、一樹の掌ごとふくよかな隆起を揉みしだく。 艶
46位 kanno.iさん
  • 情報提供飛行機乗りの孫 [官能小説]熟女の園kanno.iさんのプロフィール
  •  まだ平和な時代の事でした。 その年の盆には珍しく一族全員が久々に揃いました。皆忙しいため全員が欠けずにそろうなんて滅多にあることではありません。我が家に総勢30
47位 赤星直也さん
  • 情報提供十字架のある学園 第41話 転校生ー1 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  •   直美は由里や昌美に乳房や淫裂を愛撫されてていく。「もういいわよ」由里は手を退けて、服を着だした。直美も着ようとすると「待って、いま持ってくるから」由里に注意される。「このままでいるの?」「そうよ、直ぐに戻るから」由里は出ていき、昌美と2人きりだ。 「直美さんの肌は綺麗ね、ここもピンクで羨ましいわ」淫裂の肉襞が掴まれた。「恥ずかしいです。そんな事されたら」「恥ずかしがる事ないわよ、自慢しないと。
48位 優乃 悠さん
  • 情報提供約束と誓い…46 悠の頭の中優乃 悠さんのプロフィール
  • 颯が古い家の鍵を開ける。颯が場所を開けると先に命が入った。…いつもそうだった。ふたりで出かけた時は必ずそうしていた。「先に風呂入るか?」「颯の方が先にしなよ。」確かに犬の血液がシャツにいっぱい付いている。「あーあ。このシャツ…もうダメだね。」命がシャツを引っ張ってそう言った。制服の上着を脱ぎながら、仏壇の方に目線を配ったのが分かる。命が少しだけ苦笑いのような顔になった。…ばあちゃん…ごめんね。心の
49位 sazanami-hさん
  • 情報提供縺曖 154 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • オリジナルBL小説・・・ストーリー系「僕のいとこのいとこの話なんだけど、親友に好きな人が出来たんだって。それで、その親友が好きな人に告白するかもしれないって言う
50位 Wet Rushさん
更新時刻:17/07/24 03:30現在