恋愛小説(愛欲) 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/03/29 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
赤星直也さん
  • 情報提供拉致された婦警 第12話 郊外の屋敷  赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  •  2時になり、客もいなくなり片付けが始まった。「今日も頑張ったわね。婦警さん」縛ってあった鎖が解かれた。「見ろよ、今夜も稼いでくれたぞ。70万もあるよ」杉田と新田ははしゃぐが有紀と森脇は憂鬱だった。「どれだけ続くやら」そんな事が脳裏から離れなかった。「何かをやらないと…」焦りさえ漂っている。後かたづけが済むと8人はいつものワゴン車に乗ってアジトに戻っていく。淳子と久美は勿論、二重に作られた特別室に

2位
熊野まゆさん
  • 情報提供伯爵は肉欲旺盛なお医者さま 終章03 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  すると急にダンスホールがざわついた。何事だろう、とエリスは皆が見ているのと同じほうを向く。(あ……!) 衆目を集めていたのはローゼンラウス侯爵夫妻だった。遅れてやってきた彼らに皆が注目している。 それもそのはず、正装した二人が並んでいるとそれだけで場が華やいだ。ジェラルドの兄フィース・アッカーソン、ローゼンラウス侯爵は地味な色合いのタキシードだったが、元の造作がよいためにその秀麗さをまったく押し

3位
てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(8) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  •  秘書検定の接遇では社長室での来客に対する言葉使いとお茶出しぐらいだった。それが、酒宴の席でもお酒を注がなければならないなんて…。不満はあるが接待に同席していたら注がないわけにはいかなくなる。 萌美はそう自分に言い聞かせて小野田の傍に行き、彼とは反対側に脚を流してビールを手にした。さっそく小野田が腰に腕を回してくる。萌美の身体は自然に彼の方に傾いていく。「…どうぞ」「ありがとう」 萌美は腰に回され
4位 tkさん
  • 情報提供絶頂 セッ〇ス 5  「なんていやらしい結合部」 大人の E 小説tkさんのプロフィール
  • 「さぁ入って・・・あなたの溜まりに溜まった精液を空っぽにしてあげる・・ふふふ」ようやく中に入った・・吸精女の館に前回、セックスの後にペニスをピンク色の液に漬け込まれ、1週間で2カ月分の精が溜まるようにされてしまった俺は、その溜まりに溜まった性欲を他の女とのSEXやオ〇ニーで満足させようと思ったが・・出来なかった射精寸前の快感までは味わえるが、最後の絶頂が・・・いくらヤッテも到達できなかった男と言うの
5位 NOVMNさん
  • 情報提供熟女たちの秘密のパーティー(9) 空想の泉 〜 The Fountain of Daydream 〜NOVMNさんのプロフィール
  • 開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。そして部屋のいたるところでは
6位 北条光影さん
  • 情報提供庭先の情事(3)「本気にしちゃいますよ お義父様 ウフフッ」 エロティック小説ABC/北条光影北条光影さんのプロフィール
  • 「乾杯!」義母が倒れて幸せを手に入れた3人での祝杯だ「初音さんがアワビが好きだって聞いてたから取り寄せてもらったんだ カキもあるぞ」美味しそうなお寿司と刺身の舟盛りだ「嬉しいな」「俺は中トロでも食べようかな」「わぁ 美味しい!!」ただのアワビじゃない 勝利のアワビなのだ格別な味なのは言うまでもない「興味ないだろうがあそこがあいつの部屋だ」「お義父様は一緒じゃないんですか」「ハハハッ」「うちは昔から
7位 裏宙ちゃんさん
  • 情報提供☆ 美沙の凄春その29=弾む肉。 アンドロメダな朝=美少女とご主人様の愛の物語裏宙ちゃんさんのプロフィール
  • 「あぁぁんんんんんん。」 先程よりも高く美沙は啼いた。 町野の舌により強く雌蕊が当たる様に尻朶を持ち上げる。 町野は顔を上げ、美沙の太腿をぴちんと平掌で打った。 弾む様な手応えを町野に伝えた美沙の躯がびくりと痙攣する。   「痛ぅぅぅ。」 町野を非難する調子では無かった。 むしろ、聞く者の胸を締め付けてくる子犬の様な甘えた啼き声だった。 町野はもう一発、美沙の太腿を打った。 透ける様な白い肌に町野
8位 TETSUO 長住さん
  • 情報提供教祖の生贄〈12〉 暴かれた教団の犯罪 「おとなの恋愛小説」倶楽部TETSUO 長住さんのプロフィール
  • 教団でのリンチを目撃した健二は、妻を乗せたクルマをある建物に横づけにした。そこは警察署。応対に出た刑事とは、健二は、以前にも顔を合わせていた―― R18   ロマン派 《H》 短編集  第25話  教祖の生贄〈12〉このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。 ここまでのあらすじ  妻・睦子の浪費癖
9位 赤星直也さん
  • 情報提供拉致された婦警 第11話 同僚からの恥辱 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  •   それは、淳子だけでなかった。久美もスカーフを捲られて、淫裂を丸出しにされている。「いいんだよな、このオ○ンコが!」(いや、触らないで課長。お願い、ここに居るのよ。性器は触らないで!)淳子と久美の課長が、拉致された部下の淫裂の中に、指を入れているのだ。「課長、オッパイは500円ですよ、安いでしょう?」「ああ、安いよ。これなら合法で取り締まれないよな」淫裂を触ると今度は乳房を掴み揉んでいく。「柔ら
10位 先生の秘密基地さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 直也さん
  • 情報提供逮捕しちゃう! 第21話 ヌードのドライブ    直也の官能小説書庫直也さんのプロフィール
  •  「準備は出来たか、行くぞ」神田を先頭に顔を隠した4人が乳房と淫裂を晒しながら歩き、そ の後を聖子と清子が歩いていく。 一行が駐車場に戻って来ると車が数台停まっており「素っ裸だ!」「キャ〜、変態よ!」全裸の 4人に驚きの声が上がった。 その声に人が集まり「見ろよ、ヘアを剃ってるぞ」「どうせなら、全部剃ってオ○ンコ見えるよ うにすればいいのに」勝手な事を言い出す。 それを聞い
12位 裏宙ちゃんさん
  • 情報提供☆ 美沙の凄春その30=弾む肉。 アンドロメダな朝=美少女とご主人様の愛の物語裏宙ちゃんさんのプロフィール
  •  革束はしなやかに美沙の美しいカーブを描く柔肌に沿い、無数の指となって肌を愛撫していく。 喉元から上を向いてもくっきりとした谷間を造る乳房を撫で上げ、きゅっと凹んだ鳩尾へと降りていき、柔毛に彩られた恥丘を昇る。 革帯の一本一本が柔肌を刺激し、ぞみぞみとする様な感悩の電流を起こしていく。 「あぁぁぁん。 あぁぁぁん。 いやっ、いゃっ。」 美沙の唇が嗚咽の様な艶啼に震えた。 『どうして、どうして感じる
13位 北条光影さん
  • 情報提供庭先の情事(1)「まさかここで暮らすことになるなんて・・・」 エロティック小説ABC/北条光影北条光影さんのプロフィール
  • 「まさかここで暮らすことになるなんて・・・」「今まで苦労かけたね」「そんなことは・・・うっ」「泣いてるのかい」「お義母様の言葉をいろいろ思い出しちゃって・・・」「忘れられるわけないよな」大垣初音 30才 結婚3年目県が主催した婚活イベントで年下の夫と知り合った『まだ僕は平社員だけど父の会社を継ぐので生活には苦労させません よろしくお願いします』玉の輿に乗って私の人生は花開いたと思ったがそんな簡単に
14位 sazanami-hさん
  • 情報提供銀と千の心 18 (R-18) sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)まだ少し時間があるな。ベッドの中で胸に抱き締めている千里の髪を撫でていた銀矢は、その手を止め、「もし妊娠したら産むって・・・あんな
15位 佐々木司さん
  • 情報提供浅井美咲の場合 11 佐々木司の妄想快楽クラブ佐々木司さんのプロフィール
  •  タワーマンションの836号室。 浅井美咲は玄関の扉をノックした。反応はない。扉の取っ手を掴むと、鍵が掛かっていないことが分かる。ゆっくりと扉を開き、中へと進む。 外観通り豪華な内装が美咲の視界に広がる。お金持ちの人が住むマンションのイメージと合致する。...
16位 ロスコーさん
  • 情報提供寝取られたなら寝取り返せ レメの官能小説ロスコーさんのプロフィール
  • 第十一話 寝取られたなら寝取り返せ ◆愛華先生を拘束して陵辱開始 ーー愛華さん、遅いな……  翌日俺は、指定した喫茶店で2杯目のおかわりをしたコーヒーを少しずつ飲み、ジリジリしながら今か今かと愛華先生が現れるのを待った。 […]寝取られたなら寝取り返せはレメの官能小説で公開された投稿です。
17位 先生の秘密基地さん
18位 熊野まゆさん
  • 情報提供伯爵は肉欲旺盛なお医者さま 終章01 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • 「もう一度お願いします」 伯爵邸内のダンスホールで、エリスは講師に向かって言った。彼女の鼻息は荒い。「で、ですが……。そろそろご休憩なさっては?」 ダンスレッスンの講師が苦笑する。本来なら彼がエリスにダンスを手ほどきするのは来週からのはずだっただが、エリスのたっての希望で前倒しになったのである。(上手になって、ぎゃふんと言わせてやるんだから!) ぎゃふんと言わせたい相手はジェラルドではなく彼の年老
19位 sayaさん
  • 情報提供写真17 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • ベットのセッティングを終えてから髪の毛を結んだ。次は耳下ツインテール。鏡に映る自分の体を見てため息をつく。もう少し痩せたいな。クルリと向きを変えて後ろ姿も確認する。やっぱり少しムッチリしてる…。浴室から出てきたシバタさんは私を見て少し驚いた顔をした。『へ?』「あ、いや。服着てないからびっくりしちゃった」『え?あれ、オプション…って…』「あぁ、そうだね。オプションは全裸希望だけど最初から脱いでる子
20位 sazanami-hさん
21位 kanno.iさん
22位 ふくろうさん
23位 熊野まゆさん
  • 情報提供伯爵は肉欲旺盛なお医者さま 終章02 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  光陰矢の如し、披露目の夜会はすぐにやってきた。 いままでレッスンをしてきたのは閑散としたダンスホール。それを見慣れていたせいか、人であふれかえっているいまはとてつもなく息が詰まる。「……あまり気負うな。べつに上手く振る舞えなくてもいい。俺は外聞は気にしない。そもそも俺自身、愛想がよくないからな」 ダンスホールに入るなり固まってしまったエリスをジェラルドがフォローした。「確かに先生は無愛想ですけど
24位 minakaさん
25位 てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(9) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  •  研修二日目の朝、小野田ハウスの一行はホテルの玄関に待たせていたタクシーに乗った。萌美、小野田と乗り、最後に倫子が乗って運転手に行き先を告げる。 『京葉電鉄不動産の『望洋の郷 第三期造成地』 倫子が芙蓉不動産の社長とのゴルフのお付き合いで大手電鉄グループの社長を知ることになり、その社長の口利きで造成地を視察させてもらうことになっていた。 タクシーは土産物店の軒が並ぶ狭い道を抜けると、広い海岸通りを
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 スズマルさん
  • 情報提供愛する人へ 最終話 Dulce Noche -珠洲丸の甘い夜-スズマルさんのプロフィール
  •  バレンタインデーの二日後、突然部屋に田沢がやってきた。 彼女が突然やってくるのは、そう珍しいことではない。 俺の担当を外れた後も外回りのついでにやって来ては、俺の部屋を休憩所代わりに使っていく。 そして言いたい放題言ったあと、田沢はすっきりした顔で会社に戻るのがお約束のようなものになっていた。 部屋にやって来た田沢が期待をこめた瞳で何かを待っていたことくらいわかってはいたが、その前にあのヌルヌル
27位 sayaさん
  • 情報提供写真16 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • スタッフが私に紙と道具を手渡す。シバタ写真90OPあり紙に書かれたいつもの言葉と初めて見る言葉。『あの、OPありってなんですか?』「オプションのことだよ」オプションと聞いて私は講習のときに聞いた説明を思い出した。『あぁ。水着か全裸かってやつ・・・?』「うん。今回は全裸でお願いします。だいたいどのお客さんもOPって言ったら全裸希望だから」『そうなんですか』「うん」私は、2回ほど頷くと道具袋の中からタイマーを取
28位 minakaさん
29位 直也さん
  • 情報提供逮捕しちゃう! 第20話 野外ストリップ 直也の官能小説書庫直也さんのプロフィール
  • (お金を払ったって、売春をさせる気なの?)一瞬に体が凍り付いてしまった。 だが「気持ちよくやろうよ」耕作はピストンを始め「親父、もうやっているのか、それなら俺も やるぞ」純一もコンドームを着けゼリーを塗ると幹子の淫裂に押し入れる。 「いや、いや〜!」抵抗しても舞子に両手を押さえられて抵抗できない。 「おとなしくしないと乳首を噛むぞ」肉竿を根本まで押し込むとピストンを始めた。 「
30位 フィンさん
  • 情報提供ポルチオイキは『女の人生の最高の贈り物』 性調教師フィンフィンさんのプロフィール
  • 子宮膣部がポルチオ性感帯に変化すると、正常位セックスが一段と気持ちいいものに変わります。正常位セックス中に、彼女がいつもと違った、うっとりするような喘ぎ声を出したらポルチオ性感に目覚めた時です。女性にとっては、これまでと同じ正常位セックスなのに、ある日突然、膣の奥が気持ちよくなります。喘ぎ声は「あぁ〜」「はぁ〜」などと、うっとりしたような吐息が漏れることが多いです。ポルチオ性感は、ペニスが子宮口を
31位 Mikikoさん
  • 情報提供センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #188 Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • 戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン幕間(小説形式)アイリスの匣#188「え、なになに。どないな話? 一つ聞かせてえな、秀はん」 いろんな話を見聞きした、という秀男の言葉を受け、志摩子は少し声を大きくした。秀男に話をせがむ。 俯く道代の頭越し、秀男と志摩子の視線が軽く絡み合った。 秀男は笑み、志摩子に当てた視線を元に戻しながら語り継ぐ。浮かべた笑みは苦笑いとも見えた。「そないですなあ、あれは……
32位 裏宙ちゃんさん
  • 情報提供☆ 美沙の凄春その28=跳ねる裸身。 アンドロメダな朝=美少女とご主人様の愛の物語裏宙ちゃんさんのプロフィール
  • 『あぁ、頭の中が真っ白になっていく。 何も考えられない。 あぁ、これが大人の恋? 大人の愛撫? 先生、美沙は狂いそうです。 お願い、もう止めて。 苦しくなってくる。』「あんっ、あんっ、あぁんんんっ。」 可憐な唇を震わせて、美沙はか細く啼き続けた。 躯がとろとろと形を失っていく気がした。 一方で、渇いた躯が水を欲しがる様な、痒いのに掻けない様な焦燥感が躯の中で生まれていた。「あぅぅっっ。 あぁぁ。」
33位 スズマルさん
  • 情報提供愛する人へ 7 Dulce Noche -珠洲丸の甘い夜-スズマルさんのプロフィール
  •  彼女の首筋に顔をうずめると、柔らかな花の香りがした。 懐かしい香りについ彼女の耳の裏側に鼻を摺り寄せると、それがくすぐったいのか彼女が肩を竦ませる。ため息にも似た吐息の合間に聞こえる彼女の声が、少しずつ熱を帯び始めた。 着ているガウンの結び目を解きそれを引き抜き、わずかに開いたあわせから差し入れた手を滑らせるようにしながら脱がせると、ルームライトの柔らかな灯りが彼女の体を照らしだした。 曲線とや
34位 直也さん
  • 情報提供逮捕しちゃう! 第19話 レズと売春  直也の官能小説書庫直也さんのプロフィール
  •  一方、聖子は輝友から無心した金を元手に中古のアパートを探していた。作って間もないアパートを前に「6部屋か、貸し切ると月30万ね。友和も一緒だと安いかも…」不動産と交渉して丸ごと借り切る契約をして幹子達に引っ越すよう話した。当然、嫌がって拒んだが4人一緒で暮らすとなると抵抗感もなく承知し2週間後に引っ越しし、同じように神田もマンションから越して住んだ。5人はそれぞれの部屋を割り当てられたが、残った
35位 フィンさん
  • 情報提供正常位の上級者向け中イキ法『連続乱れイキ』 性調教師フィンフィンさんのプロフィール
  • さて、ここまで到達できると、正常位の連続イキにはさらに上級者向けの中イキの仕方があります。二人とも体力が残っていれば、是非試してみてください。それは『連続乱れイキ』と呼んでいる方法です。これは、Gスポットエリアの3つのオーガズムスポットを乱れ打つようにピストンします。例えば、腰をグラインドしながらペニスでGスポットエリア(G、G1、G2全体)全体をランダムに擦り回します。『上乗せ3連続イキ』ができ
36位 ロスコーさん
  • 情報提供ネットアイドルの懐妊報告(?) レメの官能小説ロスコーさんのプロフィール
  • 第十九話 ネットアイドルの懐妊報告(?) 「はーい、みんな、こんばんはー。  MEIです。  今日もよろしくねー!」  ……芽衣が『MEI』と名乗ってWEBカメラに向かって挨拶している。  いつもよりもちょっと声のトーン […]ネットアイドルの懐妊報告(?)はレメの官能小説で公開された投稿です。
37位 sazanami-hさん
  • 情報提供縺曖 101 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • にほんブログ村 小説ブログ「え?」僕がタオルを受け取ると、「汗、拭いて下さい。」と皇くんが言った。僕はタオルを持っていない手で自分の頬をぺたりと触ってみる。確か
38位 フィンさん
  • 情報提供女性の身体の開発は二人の愛情を究極まで高めてくれる 性調教師フィンフィンさんのプロフィール
  • このように膣はとても奥深いものです。正常位セックスには他にもいろんなやり方がありますが、ご紹介しただけでもこれだけの体位があり、それごとに女性は快感が異なります。このように身体を開発された女性にとっては、体位ごとに異なる快感に驚き、悶えながら、セックスがこれまでとはまるで違ったものに感じるでしょう。同時に、美容効果も精神安定効果も、若返り効果も手に入れられるのです。このようなセックスをしてもらうた
39位 NAOKO-Mさん
  • 情報提供三人のミストレス 02 恥ずかしがりたがり。NAOKO-Mさんのプロフィール
  • 「お帰りなさーい、おつかれさまでーすっ!」 みなさまが口々に雅部長さまにお声をかけます。 ニコニコ顔の目合図でみなさまにお応えしながらも、雅部長さまはドアを半開きにしたまま、お顔だけ覗かせています。 私も両手を後頭部にあてがったまま、ペコリとお辞儀をしました。「でもね、ナオちゃんがそんな顔して待ち侘びていたのはワタシじゃないって、悔しいけれど知ってるんだなー」 からかうようにおっしゃって、やっとミ
40位 Mikikoさん
  • 情報提供由美と美弥子 2225 Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • 「くはぁ」 最後の空気が抜け、先生の身体からすべての力が失われた。 残ったのは、重なった2体の亡骸。 いや、すでに1体と言ってもいいかも知れない。 2つの飴細工が炎天下でくっつくように、2人の身体は貼り付いていた。 わたしは、中学生の尻から両手を離した。 小さな尻たぶに、わたしの手形がはっきりと残った。 わたしは、ひとつ深呼吸すると、ポケットからスマホを取り出した。 まだセミの鳴かない静かな木の枝を、
41位 スズマルさん
  • 情報提供The 1st night in Newport,RI Dulce Noche -珠洲丸の甘い夜-スズマルさんのプロフィール
  •  オレンジだった空がすっかり暗闇になったころ、真琴はバスルームで温かい湯に浸かっていた。 一人で考え事をしているうちにどんどん気持ちが後ろ向きなものへと変わり、そんな気持ちを切り替えようとシャワーでも浴びることにしたのだが、残念なことにこの部屋にはシャワーがなかった。 それに気がついた真琴は仕方がないとばかりに、正方形の白いバスタブに熱めの湯を張ることにした。 肩まである髪を高い位置でまとめあげ、
42位 一ノ瀬なつみさん
  • 情報提供第16節『寝取られ夢彦の新妻(下)』(一部公開) ひとり寝の夜のお供に…一ノ瀬なつみさんのプロフィール
  • 寝取られ夢彦の新妻(下): 夫の単身赴任中に、3人の男たちに巨乳と母乳をシェアされました。 [Kindle版]amazonにて販売中! 部屋は豆電球のわずかな明かりで照らされている。「はあぁ……」宝田杏奈はふとんの中でごろりと寝がえりをうった。今日の出来事を思い出して、深いため息をついた。昼には、根暗な大学生・小倉優作に襲われた。彼は若い性欲を爆発させて、杏奈の乳房をむさぼった。目を血走らせて、乳房をもみ、必死に
43位 segakiyuiさん
  • 情報提供『ラズーン』第一部 12.盲目の導師(15) エターナル・アイズsegakiyuiさんのプロフィール
  • **************************** 近付いたアシャの気配に気付いたのだろう、ユーノがのろのろと顔を上げる。目元も頬も鼻の頭も、寒さと涙で真っ赤になって、唇だけが白く色を失って...
44位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供Round 168 ⑥コンドーム。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • 『ちょっと痛いから着けてしようかな』 一瞬、何のことか分からなくて(笑) 『そっか。コレね。久しぶり!』 ベッドの横にあるゴムを手渡すと 『久し ... Copyright © 2017 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
45位 長住哲雄さん
  • 情報提供「放置」の街から〈9〉 元妻のパンの味 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  • バツ一男・川添の元妻のパンの店を視察したオレは、買い求めたパンを手に、川添の待つ店に足を向けた。そのパンを口にした川添は「フム…」とうなった。「ま、食えなくはないな」。それは、川添流の「うまい」の言い方だった――。 連載   「放置」の街から  第9章  元妻のパンの味 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載9回目です。この小説を  最初から読みたい方は、こちら から
46位 Mikikoさん
  • 情報提供単独旅行記Ⅲ(190) Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  •  ↓外へ出て、名残りに建物をパチリ。↑「み」 妙に閑散としてますね。 たまたまでしょうか。 ↓常設展の入り口です。↑「み」 ↓これが、特別展の入り口。↑「み」 常設展は見ずに、特別展だけを見ることも出来ます。 ↓再び、上野の森です。↑「み」 雨は、ほとんど上がってました。 雨上がりの緑が綺麗でした。 ↓お馴染み、西郷さん。↑「み」 銅像が連れてる犬は、薩摩犬だそうです。↑南大東島犬なんているんです
47位 てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(7) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  •  その萌美の腰に小野田は腕を回す。女の身体がいっそう傾いて肩が触れてくる。 「それでいいのよ。社長を大切な取引先のお客様と思いなさいね」「…はい」 萌美は身を預けたまま両手に持ったビールをコップに傾けていく。 「液体ではなく泡を見ながら注いでごらん。…そうです。少し足りないが、まあまあじゃないか」 小野田は倫子の厳しい躾けに、萌美が気の毒に思えてならなかった。その彼の優しい声掛けに萌美の緊張も薄ら
48位 くさはなさん
  • 情報提供「犬使いの王女」赤銅のオオイヌ_6 反省しない犬くさはなさんのプロフィール
  •  悪意と暴力が四散する。絶命した魚のようにボンヤリ開く暗がりから上下左右に飛び出たイヌ達は、めいめい暴虐の獲物を狙う。余りに素早く、縦横無尽に駆け巡るイヌの動きを目で追うことは誰も叶わず、絶叫や咆哮がした先に観客の視線が移動する。 最初の犠牲者は衛兵の一人だった。生き餌の、ブタやヒト女を目指して逃げる衛兵の一群で、遅れがちの衛兵が手前の一人に槍を投げつけた。腿を刺された手前の衛兵は転倒して抜き去ら
49位 優乃 悠さん
  • 情報提供ここにいるから…16 悠の頭の中優乃 悠さんのプロフィール
  • 学校の帰りに「光園」に帰る前に都内の「藍原医院」と言う古い個人病院に立ち寄る。まるで緑で色を塗ったような庭を抜けると古いが手入れされ、綺麗に整えられた家がある。「おかえり…。」自分と大して年が変わらないとではないかと言うくらいのちょっと童顔が迎えてくれた。おかえり…光園でもたくさんの「おかえり」が利空を迎えてくれる。胸がさわさわするような言葉だ。今、迎えてくれたのは「原田真亜先生」…日本に来てからずっとイン
50位 にゅらし〜ズさん
  • 情報提供むげん倶楽部 −デビル- 第2部 12 にゅらし〜ズの女性向けH小説ブログにゅらし〜ズさんのプロフィール
  • 12真凛のオナニー・ショーは満たされない欲望を満たすためのものだった。(あんたが、わたしを満足させられないから、わたしはこんなことをしなければならない・・)半ば客に対する当てつけのために行われていたが、客はそんなことには気が付かない。「1枚千円ね」調子に乗って、フィルムを二つも撮影した男は、「まけてくれない」と申し訳なさそうに言った。「え?お金無いの?」咥えタバコの真凛は、むっとして聞いた。「無くは
更新時刻:17/03/29 17:30現在