恋愛小説(愛欲) 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/21 22:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
熊野まゆさん
  • 情報提供青年侯爵は今日も義妹をかわいがる 第一章01 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  カタリーナ・ボードマンは義兄、ルイス・ブレヴェッドの執務室で書類の整理をしていた。 ルイスはブレヴェッド侯爵領の主として日々を忙しく過ごしている。 邸内で自分だけがのんびりしているのは気が引けて、なにか手伝いをさせてもらえないかと申し出たところ、はじめは「なにもしなくていい」と言って断られたが、ごく最近になって簡単な仕事を任されるようになった。「おにいさま、こちらの書類は並び替えが終わりました」

2位
未知の星・別館さん
  • 情報提供「いや!そんなもの挿れないで」第1話 濡れ衣 Shyrock:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  •            『いや!そんなもの挿れないで(改)』                                 Shyrock:作おことわり    この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ    りません。また、この作品の著作権は「Shyrock」が所有してます。    作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって    「刑事罰」と「民事罰

3位
赤星直也さん
  • 情報提供「辱めの女子大生」第11話 二組の旅立ち(最終話) 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第11話 二組の旅立ち 翌日も庄司が訪れ、和美と瑞穂は再び縛り上げられていく。「イヤ。お父さんとは、イヤー!」「許して。和美とは、許してあげて!」昨日と同じく、和美は父親である、庄司の肉竿で突かれていく。瑞穂も中山の肉竿で突かれ、2人の膣奥には精液が送り込まれた。 それが済むと、手形を受け取り庄司が帰っていく。しかし、今日は昨日と違っている。「今日から、お風呂はダメよ。そのままだからね」「イヤ、イ
4位 鮎川かりんさん
  • 情報提供火種が残った身体を重ねて あぶない女115 かりんの官能ミステリー鮎川かりんさんのプロフィール
  • 第115章“研報社の上野です。いま話しても良いですか”研報社の上野?一瞬、誰だろうと思ったが、先日、ジャズバー静であった上野だと気づいた。“実はですね、殺された片山って男は、新宿中心に青山六本木界隈の覚醒剤関連の元締めだったようなんですね。主に、北朝鮮ルートに強かったのですが、東京都内では、三本の指にはいる販売網の中心人物だったようです。”「まさか、元締めと言っても、入りの方なのか、出の方なのか」
5位 櫻坂ゆかりさん
  • 情報提供やらし恥ずかし夏休みバイト28(桃の販売員編10) 櫻坂ゆかりの官能小説櫻坂ゆかりさんのプロフィール
  • 「ごほん、あの……。そろそろ、お勘定を支払って、桃をいただきたく……」 すぐそばで小さな声が聞こえ、ハッとする朱里と橋本。 声の主は斎藤で、気まずそうにうつむいている。「あ……。ああっ、そうでした! って、きゃあああ! こんな格好のままっ!」 我に返った朱里が慌てる。続きを読む
6位 櫻坂ゆかりさん
  • 情報提供やらし恥ずかし夏休みバイト26(桃の販売員編8) 櫻坂ゆかりの官能小説櫻坂ゆかりさんのプロフィール
  •  するとこの隙に、高原も始動した。 座り込む朱里のすぐ隣で、仰向けに寝そべってから、声をかける高原。「あのぅ……。わしの上に乗っかってくれんかの? 馬乗りってやつじゃ」 高原の要求に、朱里はパニックになる。「ええええ?!」「そんなに驚くことじゃないじゃん。早く、じーちゃんの上に乗ってあげれば?」 平然と言い放つ橋本。 しかし、突然のことに、朱里は混乱し、凍り付いてしまった。続きを読む
7位 海渡 優さん
8位 海渡 優さん
9位 熊野まゆさん
  • 情報提供青年侯爵は今日も義妹をかわいがる 序章04 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • 「……おやすみ、カタリーナ」「はい。おやすみなさい、おにいさま」 カタリーナが目を閉じると、彼女の長いまつ毛がいっそう強調される。 ウェーブがかった茶色い髪を上から下へと撫でていると、彼女はすぐに寝入ってしまう。(あいかわらず寝入るのが早い) ルイスはクスッと笑って、こういうところはまだまだ子どもだな、と思うのだった。 カタリーナにはガヴァネスをつけているが、閨事に関してはいっさい教えていない。 
10位 赤星直也さん
  • 情報提供「辱めの女子大生」第10話 和美への報復 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第10話 和美への報復 浴室で体を洗い終えると、2人は同じベッドで一晩過ごした。「おはようございます」由紀は朝食を作っていた。離れは、全く2人だけの世界で、誰も邪魔ができない。 「行って来るぞ」「行ってらっしゃい!」外からは新婚夫婦のように見えている。だが、夜になると「イヤ、お願いやめて下さい」泣き叫び由紀の衣服を剥ぎ取って裸にしていく。(病気なんだわ、伸吾さんは病気なのね!)わざと大げさな演技を
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 HAKASE(jnkt32)さん
  • 情報提供ちょっと入淫 第6話「問診」 HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログHAKASE(jnkt32)さんのプロフィール
  • 確かに、様子がおかしいのは事実だった。初めの話で 宮城一路(みやぎ・いちろ)は、一般病室・・つまり他の患者との「相部屋」に入るものと思っていた。しかし、通されたのは 普通この手の病室が多く設けられる中以下の階ではなく 12F建ての病棟 最上階に近いフロアであった。この辺りの層は、複数ある個人病室、そして症状が重かったり 社会的立場のある人物がよく入る 特別個室である。「宮城さん・・」落ち着かない様子で、
12位 先生の秘密基地さん
13位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供親友に奪われた初恋の女性を【7】* 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  •  乳首をつねって責め立てると、膣壁の締まりはいっそうきつくなる。収斂によって律動の愉悦は増し、純一郎は執拗に彼女の最奥を突き上げながら腰を揺すった。 声を出しては、夫を起こしてしまう。そんな我慢が、却って自身を追いつめたのかもしれない。 歩美は身悶え、涙を流したのちに、体を弓なりに反らせて激しい絶頂を迎えた。 華奢な肢体がびくびくと大きく跳ね、秘部は精液を求めて痙攣する。 声をこらえて果てる彼女の
14位 由美杏樹/美杏一樹さん
  • 情報提供終章 夏の陽炎 7 官能創作家・由美杏樹/美杏一樹由美杏樹/美杏一樹さんのプロフィール
  • ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪  御訪問ありがとうございます?現在連載中は、奴隷妻・・・若い男の手によって塗り替えられる躰と心。待つ結末は?リン
15位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「剥げ落ちた仁術」第6話 依子の婚約 赤星直也:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第6話 依子の婚約 こうして、健康診断も進んで、子宮検査になった。「パンティも脱いで。素っ裸よ、わかっているでしょう?」「わかっています…」皆がパンティを脱いで全裸になった。 「時間が掛かるから、空いた所から入って!」「私が先よ。いいわねよ?」恥ずかしい姿から逃れたいから、依子が真っ先に入っていく。「私もいいわよね?」信子も入った。「仕方ないわね。先輩だし…」残された看護婦達は、恥ずかしそうに両手
16位 熊野まゆさん
  • 情報提供青年侯爵は今日も義妹をかわいがる 序章03 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  両親が他界し侯爵領を継いでからもルイスはカタリーナをブレヴェッドの邸に置いていた。 ボードマン男爵はあれから五年をかけて事業を立て直したが、亡き両親はカタリーナを彼らのもとに返さなかった。ルイスもまた、カタリーナを手放したくなかった。男爵家の事業はまたいつ傾くかわからない。そうなればまた、カタリーナを放り出されかねない。あるいは、政略結婚の駒にされてしまうのではないかと思った。 カタリーナが社交
17位 櫻坂ゆかりさん
  • 情報提供やらし恥ずかし夏休みバイト29(プールの監視員編1) 櫻坂ゆかりの官能小説櫻坂ゆかりさんのプロフィール
  •  7月も残すところあと数日。 暑い暑い午後、朱里は住んでいる街にあるプールへとやってきていた。 泳ぎにきたわけでも、遊びにきたわけでもなく、プール監視員のバイトのためだ。 普通救命講習の受講経験がある朱里は、「これこそ、自分にぴったりのお仕事だ!」と思い、応募してみたところ、採用されたというわけだった。 言うまでもないことかもしれないが、桃販売のバイトは自ら辞めた朱里。 あの調子でいくと、次回のバ
18位 吉村蜜貴さん
19位 由美杏樹/美杏一樹さん
  • 情報提供終章 夏の陽炎 6 官能創作家・由美杏樹/美杏一樹由美杏樹/美杏一樹さんのプロフィール
  • ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪  御訪問ありがとうございます?現在連載中は、奴隷妻・・・若い男の手によって塗り替えられる躰と心。待つ結末は?リン
20位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「哀奴まどか」第5章 妬 心 (1) 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第5章 妬 心 (1) もうあと数日で夏休みの始まる、あの日のことでした。私は学校からの帰り道、男性に声をかけられたのです。 私の通っている高校は、ターミナル駅から電車で30分程の郊外にあります。緑の多い住宅地の中の、静かなところです。小学校から大学まで一つの敷地の中にあるのです。 その中で、高校は一番奥にあるので、バス通りに出るのに大学のキャンパスを、通り抜けて行くのが近道なのです。その日も、いつも
21位 kanno.iさん
22位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供無防備な異母姉が今日も父を見つめている【1】 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  •  ふとした瞬間、正吾は父を見つめている異母姉の横顔を見る。 いつも溌溂としている彼女にしては表情は穏やかで、父を見つめる眼差しは僅かに甘い。 それは、父親を見つめる眼差しではなかった。そう、それは――愛しい相手を見つめる眼差しだと、正吾は感じているのだった。*** 正吾と異母姉の楓は、五つ歳が離れている。 父が妻を――正吾の母親を亡くしたのは、今から五年前だ。 父に再婚相手を紹介されたときも、そして
23位 紫さん
  • 情報提供【若妻・満里奈は変態M女】スリルを楽しむ浮気妻 オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳紫さんのプロフィール
  • 僅か2〜3分で果ててしまった増田君だけど、私が飛び散った体液や乱れた服を整えていると再びノーパンのアソコに手を伸ばしてきた「先輩、俺…今日はこんなの持ってきたんですよ」そう言ってショーツをしまった時とは逆のポケットから取り出して見せたのはアダルトビデオでお馴染みのピンク色のローターだった増田君は私を押し倒すようにして再びソファーの上に座らせ、両足首を掴む強引に脚を開かれると、タイトスカートがまくれ
24位 赤星直也さん
  • 情報提供「辱めの女子大生」第9話 思わぬ提案 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第9話 思わぬ提案 長かった夏休みも終わり、授業が再開された。由紀も大学に通っているが、合宿以来、部活はしてなく「たまにはどう?」和美が誘うが、決して承知しない。恥ずかしい姿を見られて以来、行く気になれないが、それは当然かも知れない。(もう、友達じゃないわ)恵子や愛子が声を掛けても、無視している。 しかし、いくら由紀が断っても、家まで押し掛けると拒めない。「こんばんわ」「いらっしゃい、中山さん」(
25位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供無防備な異母姉が今日も父を見つめている【2】 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  • 「お姉ちゃんのこの愛情がわかんないのかなぁ。こーんなに正吾のことが好きなのに、伝わってないの?」 姉は拗ねたような、揶揄するような口調で言う。「ブラコンも程々にして、服くらいちゃんと着る女にならないと、父さんにも呆れられるぞ」「なーんでパパが出てくるのよ。まぁ、パパに呆れられるのは確かに嬉しくはないけど」 不思議そうに訊いてくる楓に、正吾はいささか躊躇する。「なんでって、その……」 言い淀み、それ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 kanno.iさん
27位 sayaさん
  • 情報提供さくら7 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • 1人目の接客を終えて戻るとマネージャーに呼ばれた。「さくらさん」『はい?』「さくらさんの写真が出来上がったので応接室に飾ろうと思うのですがどの写真がいいか選んでもらおうと思って」『あぁ、写真ね。あれって応接室にしか出してないの?応接なんて客は滅多に入らないしこのフロアのエレベーターホールにでもみんなの写真を飾った方がいいんじゃない?』「…なるほど」彼は顎に手を当てるとスタッフを呼んで言った。「女の
28位 sazanami-hさん
  • 情報提供馮離 A面 37 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • にほんブログ村 BL小説あれから何日経っただろう。朝臣は昼夜逆転の生活を送っていた。そうしたくてなった訳では無い。夜、ベッドに入っても眠れなくなった。一人ベッドに
29位 ちょびわるオヤジさん
  • 情報提供♪番外02 70年〜80年の 【ピン芸】 的ダンスミュージック とあるロープワーカーの覚書きちょびわるオヤジさんのプロフィール
  • 本日の曲は、ピン芸的な、ダンスミュージック。まずは、コレ。 「ホット・ブラッド(Hot Blood)」 の、「ソウル ドラキュラ(Soul Dracula)」 1977年の曲です。商店街の有線は、一時期の 「黒猫のたんご」、「およげ鯛焼きくん」、「団子三兄弟」 や 「モー娘。」 ではありませんが、もう、こればっかりです。(笑) そして、折角 「モー娘」 を出したので、コレ(笑) 「ジンギスカン(Genghis Khan)」 の 「ジンギスカ
30位 由美杏樹/美杏一樹さん
  • 情報提供第一章 麗しの彼女 2 官能創作家・由美杏樹/美杏一樹由美杏樹/美杏一樹さんのプロフィール
  • ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪  御訪問ありがとうございます?現在連載中は、奴隷妻・・・若い男の手によって塗り替えられる躰と心。待つ結末は?リン
31位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供夜デート② 夜のエッチ。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • 私たちに。 夜のエッチは珍しい 夜景も 洗い立ての髪も ノーメイクの顔も(笑) どれもが不慣れで、ぎこちなく 一緒にいるだけで、緊 ... Copyright © 2018 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
32位 ちょびわるオヤジさん
  • 情報提供♪006 Shalamar - A Night To Remember とあるロープワーカーの覚書きちょびわるオヤジさんのプロフィール
  • 本日の曲は、「シャラマー(Shalamar)」 の 「ナイト・トゥ・リメンバー(A Night To Remember)」。1982年の曲です。 このシャラマーも、70年代と80年代を股に掛けたグループ。アップテンポで、踊りやすい曲が多かったように思います。 セカンド・タイム・アラウンド (The Second Time Around)1979年の曲。 「 メイク・ザット・ムーヴ(Make That Move)」1981年の曲。 「ディス・イズ・フォー・ザ・ラバー
33位 一ノ瀬なつみさん
  • 情報提供京阪神地震 ひとり寝の夜のお供に…一ノ瀬なつみさんのプロフィール
  • こんにちは、一ノ瀬なつみです。18日(月)に大阪直下で地震が発生し、私が住んでいる地域も震度5強の揺れがありました。周辺では建物が倒壊したり、家事が発生したりすることはありませんでしたが、鉢植えは倒れ、一時ガスもストップしました。京阪神の鉄道(JR・阪急・阪神・京阪)は軒並み運休で、翌日もダイヤは乱れていました。一ノ瀬なつみ@natsumiichi地震から一夜明け、今朝も関西の鉄道ダイヤは大荒れです。通勤通学
34位 櫻坂ゆかりさん
  • 情報提供やらし恥ずかし夏休みバイト27(桃の販売員編9) 櫻坂ゆかりの官能小説櫻坂ゆかりさんのプロフィール
  • 「すごかったよ、朱里ちゃん」 相変わらず、二人で一つになったまま、朱里の髪とお尻を丁寧に撫でながら、高原が言う。 ようやく落ち着いてきた朱里はハッとすると、大慌てで身体を離そうとした。「そんなに急いで逃げんでもいいじゃろ」 寂しそうに言う高原だが、逃げようとする朱里の邪魔をしようとはしない。 身体を起こした朱里は、頬を上気させたまま、腰を浮かしていった。続きを読む
35位 sazanami-hさん
36位 海渡 優さん
37位 長住哲雄さん
  • 情報提供玄関開けたら「5秒でキス!」な男 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  •  性的な人々−24  もしも運よく、彼女を自宅に持ち帰ることができたら、明かりを点ける前に、彼女を抱き寄せて唇を奪え。「持ち帰り率8割」を豪語するその男が言うのです。男が語った理由とは……? R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には関係
38位 Mikikoさん
  • 情報提供元禄江戸異聞 根来(六十二) Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • 「元禄江戸異聞 根来」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)(六十二) 薄暗い中にゆらゆらと大石桔梗の顔が浮かび上がる。「日が短こうなったの」「はい」 燭台に種火が移ったことを確かめると、桔梗は欄干にもたれた羅紗に顔を向けた。「もう京や丹後へ書面は届いたであろうか」「夕べ夜半には早馬が発っております。もう日が落ちる前には意向が伝わっておることと存じます」「そうか……」 羅紗は欄干から身を起こす
39位 由美杏樹/美杏一樹さん
  • 情報提供終章 夏の陽炎 5 官能創作家・由美杏樹/美杏一樹由美杏樹/美杏一樹さんのプロフィール
  • ♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪  御訪問ありがとうございます?現在連載中は、奴隷妻・・・若い男の手によって塗り替えられる躰と心。待つ結末は?リン
40位 紅殻格子さん
  • 情報提供『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十一) 妄想の座敷牢 〜紅殻格子の世界〜 紅殻格子さんのプロフィール
  • 『人外境の花嫁』FC2 Blog Ranking 一.異界の漂泊民 (十一)剛志がヒューと口笛を吹いた。「物乞いの娘にしては、いい乳をしているじゃないですか、ねえ兄貴」「馬鹿野郎、下衆なことを言うんじゃねえ」気分を害した寛三は、剛志の尻を思いっきり蹴飛ばした。すると飴細工の老人が寛三に言った。「あれは勧進の子じゃ」「カンジン?」「この辺りではそう呼んでおる。世間では山窩と言うらしいがな」「はあ、サンカですか?」
41位 長住哲雄さん
  • 情報提供「あれはただの友だち」というウソ 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  • 「愛」は、ときどき、ウソつき  File-14  「あれはただの友だち」というウソデート中のカレまたは彼女が、ふと、会釈を交わし合った相手。つい、訊きますよね。「知ってる人?」と。そのときの答え方がとても重要。疑心が芽生える答え方と、安心できる答え方、比べてみました。【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活  たとえばあたなが、彼女またはカレと銀座かどこかを歩いていると
42位 segakiyuiさん
  • 情報提供状況 エターナル・アイズsegakiyuiさんのプロフィール
  • 御心配おかけしております。私の家も家族も無事です。少しでも早く速やかに状況が落ち着くことを祈っています。
43位 谷崎文音さん
  • 情報提供更新おしらせとか Dulce Noche谷崎文音さんのプロフィール
  • いつも拙作をお読みいただきありがとうございます。先ほどようやくそれは甘くほろ苦く完結いたしました。そして明日21日より、麻音子の友人・みずきのお話を企画で公開するのですが・・・予想通り自転車操業で毎日更新とか・・・明日は夫氏が徹夜の残業に入りますんで、どうにか出だしは書きたいし、できることなら今週中に10話全部書き終えたい。文字数としては、恐らく三万程度になると思いますが、最後の最後に登場するお花畑な
44位 HAKASE(jnkt32)さん
  • 情報提供ちょっと入淫 第5話「合流」 HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログHAKASE(jnkt32)さんのプロフィール
  • 「間もなく 三瀬ヶ谷(みせがたに)、三瀬ヶ谷に着きます。お出口は左側。お降りのお客様は、お忘れ物ございません様 お仕度をしてお待ち下さい・・」人気(ひとけ)のない列車の乗降台(デッキ)に、山井(やまのい)車掌の 落ち着いた案内が流れる。故郷の北紀長島町から N市へ向かう JR紀勢東線の特急「紀伊4号」の化粧室(トイレ)内で、男女の「事」に及んだ瀬野美波(せの・みなみ)と豊野 豊(とよの・ゆたか)は、乗り込んだ次の停車
45位 桜井真琴さん
  • 情報提供特撮AVというお仕事 桜井真琴 雑文日記桜井真琴さんのプロフィール
  • 【ダウンロード開始】宇那月監督作品「スーパーヒロイン絶体絶命Vol.67 銀河特捜アリー 〜奪われた絆〜」出演:海空花。https://t.co/cShvGjG9wO #giga_hero pic.twitter.com/rpwlvIqnjs― GIGA特撮ヒロイン動画 (@giga_web) 2018年6月13日GIGAさんで、脚本のお仕事参加させていただきました。特撮AVファンのみなさま、今後もどうぞよろしくお願いいたします。それにしても海空花さんのアクションはすごい…。先行DL発売中です。あ
46位 長住哲雄さん
  • 情報提供2072年の結婚〈45〉 隠蔽された悲劇 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。日本の首都にJ-ALERTが鳴り響いた頃、中国の立花真弓は、南寧の野戦病院から南方の診療所に移送されることになった。目を覆った包帯を解かれた真弓は、鏡に写った自分の姿を見て慄いた――。 連載   西暦2072年の結婚  第45章  隠蔽された悲劇 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載45回目です。この小説を   最
47位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供ペロペロ③ 私の中で(5月6日)。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • 先生が私を好いてくれていて そばに いてくれると 本当に安心できる 先生の腕の片方に 私の両手と両脚をからませて しがみつくようにして眠ったら ... Copyright © 2018 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
48位 谷崎文音さん
  • 情報提供更新おしらせとか Dulce Noche谷崎文音さんのプロフィール
  • いつも拙作をお読みいただきありがとうございます。21日0時になりまして、ふぇてぃしずむ企画参加作品く雨のあとは、きっと良い日が来るを公開しました。また昨日完結したしましたそれは甘くほろ苦くに、過分な評価をいただき、とても嬉しいです。プチプリさんのほうでは、とても素晴らしいレビューがつきました。優しさに溢れた物語細雪さゆきこの物語のヒーローは動物のお医者さんです。ヒロインよりも十歳も大人で、包容力抜群
49位 sayaさん
  • 情報提供さくら9 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • どんなリップサービスも彼にはあまり通用しない。こちらは割と本心で言っていることも彼には冗談に聞こえるようだ。こうして手を握っても彼はすぐに私の手を元の場所に戻してしまう。そんなところが好きだったりする。客以上の存在には見ていないが客の中では1番好きな人だった。「いやぁ、本当にいい人だったなぁ」小野田さんがしみじみと通訳士を思い出して褒めていた。『儲かっているなら有名な方かもしれませんね』「え?そう
50位 太一さん
  • 情報提供崇高な陽の光⑤ 褌野郎達の隠れ家太一さんのプロフィール
  •  俺達の両親が認めてくれた。大きな安堵を覚える。其々の左腕に嵌められた腕時計。親の気持ちがありがたいと思っている。隼斗の手をそっと握った。「久しぶりにホテルに泊まるか。明日休みだしな」俺が隼斗の耳元で囁く。隼斗が頷いた。初夏の夜風が頬を撫でてくる。俺達は駅裏へ向かって歩み始めた。とある建物の前で足を止める。隼斗の手を握ると、中に入った。今客室パネルの前にいる。煉瓦をあしらったシックな部屋を俺は選ん
更新時刻:18/06/21 22:30現在