恋愛小説(愛欲) 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/24 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味07 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • 「――紗耶香さん、なにからなにまで本当にありがとうございました」 飲み始めて二時間ほどが経ったころ。 向かいにいる拓人は飲んでも飲んでも顔色が変わらないし、ななめ向かいに座る拓真は食べても食べてもいっこうに満腹にならないようだった。 そんなふたりを尻目に、チューハイ一杯ですっかり酔っぱらい、顔を赤くした美樹は涙まじりに紗耶香に言う。「うっ、うぅ……紗耶香さんが、遠くに行っちゃうなんて……さ、寂しい

2位
由美杏樹さん
  • 情報提供罪深き義母のよがり啼き 22 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  • ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆エロい方、スケベに自信がある方は、応援してください官能小説ランキングエッチ系の話題(ノンアダルト)ランキングにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆「んんんっ」 唸ったのは柳沢だ。 

3位
aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(26) ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(26)家族に紹介授業中に生徒がいる前で放尿してしまった私ですが、それ以降田中くんがねだるオシッコの要望に応えることなく、性器への口と舌のしつこい愛撫にも耐えて5限をなんとか終了することが出来ました。生徒たちが教室に戻って静かになった化学室で、私は机の下から出てきた田中くんに「もう、いい加減にして」とキレまし
4位 由美杏樹さん
  • 情報提供罪深き義母のよがり啼き 20 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  • ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆エロい方、スケベに自信がある方は、応援してください官能小説ランキングエッチ系の話題(ノンアダルト)ランキングにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村大杉さん、亡くなりましたね。ものすごく哀しい。ああ、描きたい中年男性が〜〜〜。☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。
5位 由美杏樹さん
  • 情報提供罪深き義母のよがり啼き 21 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  • ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆エロい方、スケベに自信がある方は、応援してください官能小説ランキングエッチ系の話題(ノンアダルト)ランキングにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆ 消えかかっていた戸惑いがまた浮か
6位 矢野 涼真さん
  • 情報提供愛のすきまで交わって・84 NTR文芸館矢野 涼真さんのプロフィール
  • 「おねだり、してごらん」 柔らかな口調で、黛が言いつける。「お、おねだりって……そんなの、何て言えば……」 希恵子は戸惑うように黛の顔を見やった。和臣はもちろんだが、黛自身だって今までこんな要求を突きつけてきたことは一度もなかった。「ふむ、そうだな……」 しばし推敲を重ねた末、黛が希恵子の耳元にぼそぼそと囁きかける。「なっ!」 憤怒と羞恥心を足して二で割ったような目で、希恵子が黛を睨みつけた。 だ
7位 熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味08 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  • (拓人さんのとなりを、しかも手をつないで歩いてるなんて……夢みたい) 足取りはふわふわとしていて軽い。酔いはさめたと思ったが、泥酔しているときのように夢心地だ。 二十三年、過ごしている見知った街だから、あと数十メートルで自宅に着くというのがわかる。(拓人さんと、もうちょっと一緒にいたけど……寄り道しようなんて言ったら、また子ども扱いされるんだろうな) そう思ってなにも言わなかった。そうして自宅前ま
8位 矢野 涼真さん
  • 情報提供愛のすきまで交わって・83 NTR文芸館矢野 涼真さんのプロフィール
  • 「どうしました?」「い、いえ……」 せっつくような黛の問いにそれだけ返すと、希恵子が自分の足元をじっと見つめる。 でも、仕方が、ない。(ごめんなさい、和臣さん。ごめんなさい……) 心の中で夫に懺悔の言葉を繰り返しながら、畳の上にそっと足を置いた。「さ、早く用意してくれ、希恵子」「……はい。匡一……さん」 唇を噛み締めながら憎き男の名を呼んで応じると、希恵子は押し入れから自分の使っている布団を出し、
9位 霧月冴夜さん
  • 情報提供赤いルージュの女8 Noir 官能の館霧月冴夜さんのプロフィール
  • 第7章 美月の胸 両手で揉んでいるせいでブラがずれて肩からストラップが落ちてしまい、その乱れた肢体の風情が私の嗜虐欲を煽り、もっともっといじめたくなる。 「キスしてくださいと言いなさい」 「ああ・・キス、して・・ください」 「いい子だ。ご褒美だよ」 「あんんっ、んっ」 震える双丘を強く揉みながら、喘ぐ紅い唇を舐めて唇を押し付け、ヌルッと舌を入れて小さな口の中を蹂躙する。 「んんっ、んっ」 のけ反っ
10位 鮎川かりんさん
  • 情報提供俺の携帯が鳴った あぶない女95 かりんの官能ミステリー鮎川かりんさんのプロフィール
  • 第95章Oホテルの部屋から、敦美が申し込んだ宿泊日を確認した。慌てることはなかったが、一週間の連泊を前払いで済ませていた。まだ三日の余裕があったが、もう一週間連泊したい旨を伝えると、同室は無理だが、同じレベルの部屋なら用意できるという話だった。無駄になる可能性もあったが、ホテルの保管個をキープするには致し方なかった。俺が代りに保管庫の物を受け取れれば良いのだが、俺と敦美の関係を証明することは出来そ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(27) ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(27)運転手付きの高級車駅への道のりから外れた道を行く山本くんの後ろをウキウキしてついていくと、彼は「乗って」と車の横で止まりました。私は「これ…、山本くんちの車?」思わず聞き返しました。いままで乗ったこともない大きな車で、運転手が後部座席のドアを開けて待っていたからです。「そうだよ」とこともなげに呟いた彼
12位 thecollectorさん
13位 先生の秘密基地さん
14位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「援交ブルース」第7話 Shyrock:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第7話 痛がってもノッポはヘラヘラ笑うばかりで、がむしゃらにねじ込んでくる。 強引な挿入は快感のかけらもなくただ痛いばかり。 それでも出し入れを繰り返されているうちに、少しは慣れてきて痛みがだいぶ和らいできた。 痛みはマシになったけど、なんかやり切れなくなって泣けてきた。 涙の向こうにぽっかり浮かんだのは、私に「援交をやめろ」と諭してくれたあの人の顔だった。 名前を『車井山達彦』と言っていた。 た
15位 ミミさん
  • 情報提供あぶないシャーマン⑭ プルんプリンミミさんのプロフィール
  • 川辺の髪をかき上げ、顕になった首筋に舌を這わせて歯を立て、キャミソールごしに胸を愛撫して己を突き立てる。何度も川辺の中に押し入り、半分くらいまでは受け入れられているが、まだ俺の性器の全ては受け入れられていない。川辺は突き上げられるたびに、悲鳴とも矯声とも...
16位 先生の秘密基地さん
17位 吉村蜜貴さん
  • 情報提供エロチックな教育 みつつぼ2.0吉村蜜貴さんのプロフィール
  •  こんばんは、吉村蜜貴です。 今日、読了した本です。 フリッカー、あるいは映画の魔 [単行本]セオドア ローザック文藝春秋1998-06 セオドア・ローザックの『フリッカー、あるいは映画の魔』 ごっついパワーに満ちた本でしたね。 自分の中の何かが変えられた感じです。 こういう体験は久々です。 さて、官能小説講座です。【プロット前準備】、【プロット】の書き方までやったら、もう【執筆】ターンから逃げられません。
18位 霧月冴夜さん
  • 情報提供硝子の檻〜美獣監禁18 Noir 官能の館霧月冴夜さんのプロフィール
  • 第6章 文学的な鞭責め 長く続いた噴出が途切れがちになり、出るものが無くなってやっと止まった。浣腸されて見知らぬ男の目の前で排泄されられるという目のくらむような屈辱に打ちのめされ、わたしの心はボロボロになってしまった。無理な姿勢を強いられているせいで肩が痺れていたが、わたしにできるのはうめくことだけ。 「ずいぶん出たな栞里」 「はい・・」 「知らない男の前でウン〇するなんて恥ずかしいと思わないの
19位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「生け贄の婦警」第8話 立ち聞き 赤星直也:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第8話 立ち聞き  翌日、久美と貴子がいつものように、マリアンで着替えていると「これって、支配人からのプレゼントでしょう?」同僚が2人のスケスケの下着を見て、話し掛けてくる。「はい、そうですが?」「支配人と、オ○ンコやったんだ!」「や、やってません。セックスはしていません!」 「嘘言ってもダメよ。支配人はオ○ンコした相手に、必ずこれをプレゼントするのよ。オ○ンコの中に、2回出したでしょう?」「そん
20位 sazanami-hさん
21位 sayaさん
  • 情報提供キス6 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • 流れる景色を眺めながら頭の中は先生のことでいっぱいだった。なぜ、急に。私に何も告げずに…。タクシーが到着すると財布から1万円札を取り出して運転手に渡した。ドアが開く前に自分で開けて飛び降りる。それを見て運転手が慌てて私に言った。「お客さん!おつり!」『いらない!』振り返ることもせずに叫ぶと後ろから運転手が声を張り上げた。「ありがとうございます!」白いマンションの自動扉を手でこじ開けるようにして中
22位 sazanami-hさん
23位 sayaさん
  • 情報提供キス7 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • マンションを飛び出すと大通りに出てタクシーを拾った。『ここまで行ってください』転居届を撮影した写真を運転手に見せた。彼は私からスマホを受け取ると指で画面を拡大して住所を確認した。「え?千葉県ですか?高速乗りますよ?」制服姿の私を下から上に見上げて怪訝そうに聞いた。『お金ならあります。大丈夫です』「あぁ、そうですか…じゃぁ」そう言って住所をナビに打ち込む。発車させるとそこからは長い道のりだった。段
24位 Clariceさん
25位 霧月冴夜さん
  • 情報提供赤いルージュの女7 Noir 官能の館霧月冴夜さんのプロフィール
  • 第6章 美月を脱がす② 「立ちなさい」 「はあっ・・」 赤い唇にチュッと軽くキスをして喘がせてから、優しく腕を取って床に立たせる。 ワンピースを手前に引くようにして脱がせ、スカートの部分を下ろすと、中から純白のキャミソールに包まれた身体が現れた。 艶やかなシルクの光沢を湛えたキャミソールには、所々に繊細な刺繍が施されている。 「足を上げて・・」 膝まで下ろしたワンピースを、足を上げさせて抜いた。
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(22) ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(22)山本くんの裏切り再びオシッコを飲ませろと要求する田中くんに、私は聞き間違いであることを願って「よく聞こえなかったの、もう一度言って」と聞き返しました。彼は「あ?、うん、せんせいのオシッコ飲ませてよ、直がいいな」と、まだ床に寝そべったままベージュパンティの股間を覗きながら、薄ら笑いを浮かべています。聞き
27位 矢野 涼真さん
  • 情報提供愛のすきまで交わって・85 NTR文芸館矢野 涼真さんのプロフィール
  • 「ふふ」 唇の片端だけを上げて笑いながら、黛が力のこもった抽送を始める。「この家でも色々試したが、結局夫婦の寝室が一番みたいだな。私も興奮するが、それ以上に希恵子の穴の具合いがとてもよくなる」 ますます硬さを増した剛直を抜き差ししながら、希恵子に向かって下品な分析結果を滔々と語りかけた。「……」 気まずそうに頬を赤らめながらも、希恵子はとにかく無言を通す。 認めたくないが、黛の言ったことは完全に事
28位 Mikikoさん
  • 情報提供東北に行こう!(1384) Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • み「午後なのに、まだこんなに並んでるぞ。 夕方までに終わるのか?」婆「終わらん場合もあるじゃろな。 それもまた、縁(えにし)じゃ」↑何度も書きましたが、このフィギュア、持ってます。わたしの寝てる頭上の鴨居におられます。律「どんな人が並んでるのかしらね?」婆「まさしく、様々じゃな」み「1回、いくらなんです?」婆「おぬしは、常に金の話じゃな。 1人下ろすのに、5,000円じゃ」↑イタコではありません。み「1人
29位 Negodさん
30位 ミミさん
  • 情報提供あぶないシャーマン⑮ プルんプリンミミさんのプロフィール
  • 両足を大きく開かれ仰向けに寝かされ喘ぐ川辺は、カーディガンが脱げかけ、キャミワンピの紐が肩からずり落ち胸を隠していたワンピースがずり下がり、白いレースのブラジャーで覆われたおっぱいが丸見えになっている。おっぱいの谷間にはいくつも汗の粒がキラキラ光り、それ...
31位 Mikikoさん
  • 情報提供由美と美弥子 2463 Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • 「泣かないで。 ほんと、可愛いんだから。 よしよし。 お姉ちゃんが、もっと可愛がってあげるわ。 ほら。 このディルドゥ、あなたの赤毛のアンダーと、すごく似合うと思わない? どう?」 万里亜は漆黒のディルドゥを掴むと、美弥子の股間近くまで突き出した。「赤と黒。 綺麗でしょ」 ディルドゥの先が、美弥子の陰毛を戦いだ。「う」 止められなかった。 芋虫のように萎んでいた美弥子の陰核が、むくむくと膨れだした
32位 kanno.iさん
33位 kiriさん
  • 情報提供Part.38 【 メス化絶頂 】 霧の寝台kiriさんのプロフィール
  • 企画・文章:ゆすあ「マコトちゃん、お友達との妄想楽しかった?いつか本当にお尻におちんちん入れて貰えるといいわね?」「ぁ………うん?」「それで、その後のことなんだけどね。お風呂から上がったマコトちゃんは、お部屋に戻って、寝ることになったの。周りには、同じようにお友達が眠っているわ」勃起が収まった誠は、シートの上に仰向けで寝かされていた。恭子の暗示は続く。「隣に男の子が寝ていると、興奮してきちゃうよね
34位 岡崎潤さん
  • 情報提供TIMES UP(二一話) 女の陰影岡崎潤さんのプロフィール
  • 神の審判(二一話)  五百万人の人々が生存できる月面都市とは、すなわち壮大な地下街を造ろうとするに等しかった。月の外殻を天井とする二重構造なのだが、構造的には地下街というよりも潜水艦の内部を思えばよかっただろう。居住部分を大空間としてしまうと事故や隕石の衝突などで一部がやられてしまうだけで全滅しかねない。そこで小さな空間をいくつもつないで気密ハッチで分断できる構造とするわけだ。  大を救うために小を
35位 優乃 悠さん
  • 情報提供短編…3(奏多) 悠の頭の中優乃 悠さんのプロフィール
  • 奏多は透に抱きしめられていた。…透さん?透の顔を見上げると厳しい顔をして前を向いている。奏多を抱く手に力が入る。奏多も透。人の形をしていないのにそれが透の妻だと分かる。…奏多。ごめん。行かなくては…。絞り出すように掠れた声で透が言った。…ああ。おうちに帰るんだね?…もう、会えない。…あ…。その意味分かった。妻と子供のところに帰るんだと奏多は理解した。それでも奏多は透にしがみつく手を緩められないでい
36位 谷崎文音さん
  • 情報提供作品公開停止のおしらせ Dulce Noche谷崎文音さんのプロフィール
  • いつも拙作をお読みいただきありがとうございます。こちらのサイトにて公開している「鈴のアンクレット」ですが、諸般の事情から当分の間サイトから削除させていただきます。(書籍化に伴うものではありません)3/1 0:00 削除予定いつまで、とは現時点では言えませんが、諸々落ち着きましたら、第二部の公開と併せて投稿させていただきたいと思います。こちらの勝手な都合ではありますが、どうかご容赦くださいますようお願いい
37位 モルトさん
  • 情報提供過去との情事68 静かな空に爪痕残すモルトさんのプロフィール
  • 音楽室の扉を開けたのはロングの黒髪少女だった。体を左手に傾けて扉の方に視線を向けた。開放された弦とスピーカーが共鳴してファーン!と爆音が響き渡った。顔を見ると見覚えのある少女だった。俺は弦を指全体で抑えて音を掻き消すと瞬発的に言った。『もしかして、菊川美香?』『うん!そうだよ…やっと話せたね!』美香は笑みを浮かべて俺の方に近付いてきた。例の平井哲雄の半生を振り返る夢に菊川美香は度々出て来ていた。家
38位 谷崎文音さん
  • 情報提供39 Dulce Noche谷崎文音さんのプロフィール
  •  かなり遅い食事をとり終えたあと和明から荷物が届いていることを告げられ、亜紀は書斎に置かれていた荷物を解きながら片付けることにした。 寝室の向かい側にある部屋が彼女の書斎になっている。部屋に入ると右手には壁全体が本棚が設けられていた。その反対側にはもう一つ部屋があり、そこにはシングルベッドがひとつ置かれている。それを見たとき和明が医師という職業に対し、それなりに理解を持っていることを感じさせられた
39位 谷崎文音さん
  • 情報提供おしらせとか Dulce Noche谷崎文音さんのプロフィール
  • いつも拙作をお読みいただきありがとうございます。昨日書きかけだった眠れぬ夜を放出し、現在は時間が出来たときにちょこちょこ書いております。また母親のケガも命に関わるようなものではなかったため、ほっとしているところです。ご心配をおかけいたしました。来週の月曜には秋田に戻れると思います。来週は3月ですね。去年の夏以降ばたばたしまくって気が付くと季節が変わり、いつの間にかヒートテック着てました。エントリー
40位 さんまさん
  • 情報提供さんまの一期一会報告 みどりさん 3 さんまのアダルトストーリー日記さんまさんのプロフィール
  • 一期一会とは、一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう(三省堂・新明解四字熟語辞典)みどりさんの柔らかい手で、にぎにぎされると、しっかりと大きく形を変えていく。触り方に、愛おしさを感じる。久しぶりに女を楽しんでいただけている。さんま冥利に尽
41位 kiriさん
  • 情報提供Part.39 【 ずっと傍に 】 霧の寝台kiriさんのプロフィール
  • 企画・文章:ゆすあついに女性としての絶頂を体験してしまった誠。前立腺はピクピクと痙攣し、生成した性液を尿道へと送り出す。だが、男性のような射精の勢いはなく、萎んだ棒の先端から、女のようにトロトロと溢れ出させるばかりであった。あまりの快感で半開きの惚けた口からは涎を垂らし、時折、沖に上げられた魚のように背中をビクつかせていた。脱力しながらも、頬を染めハァハァとお腹で息を吸う姿は、誰から見ても行為後の
42位 長住哲雄さん
  • 情報提供西暦2072年の結婚〈30〉 受胎告知 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  •  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。ある晴れた日、それは告げられた。洗濯物を取り込んだ麻衣が、ソファでコーヒーを飲む真弓の隣に、腰を下ろしてきて言うのだった。「あれがないの。もう2カ月……」。 連載   西暦2072年の結婚  第30章  受胎告知 【リンク・キーワード】恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載30回目です。この小説を   最初から読みたい方は、こちら
43位 桜井真琴さん
  • 情報提供『囚われ契約〜秘密の願望かなえてあげる。〜』配信開始! 桜井真琴 雑文日記桜井真琴さんのプロフィール
  • 温かくなってきました。引っ越しのクルマを頻繁に見るので、ああ、春になるのね、とそこでようやく気付く私。さてさて。久し振り甘々TL 書きました。『囚われ契約〜秘密の願望かなえてあげる。〜』作品内容:千鶴は二年付き合った恋人に裏切られ、「今度こそ本当にもう懲りた」と仕事に生きることを決意する。建築士の卵でもある千鶴は、憧れを抱き続けてきた世界的に名の知れる若手建築家の御堂啓介のもとで修行できることになり
44位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供あと5分あれば。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • 昨日も一昨日も 先生には会えてたけど 今日は久しぶりに。 二人っきりで逢えました 郊外のアウトレットモールなら そんなに人目も気にならず ちょっ ... Copyright © 2018 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
45位 岡崎潤さん
  • 情報提供TIMES UP(二二話) 女の陰影岡崎潤さんのプロフィール
  • 進化の謎(二二話)  ルッツが愛した小さな町は、背景となる岩山と間近に点在する岩の丘の狭間にひろがる荒野の中に家々の集まるところ。まさに開拓時代のアメリカを思わせる雄大な景色の中にある町だった。三年の間に増えた家はわずかに三軒。もともとあったルッツの店と裏のガレージ。その裏に最初の一軒が建ち、次に、そちらもまたもともとあった町外れの一軒の奥側にさらに一軒、またその横に一軒加えた全部で三軒。どれもが
46位 熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味06 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  ニヤニヤと口もとをゆがめながら、拓真は小首を傾げてあごに手を当てる。「じゃあ、『教えてください、拓真様』って言ってくれたら、いいよ」「ええっ?」「その一言でコツがつかめるんだから、安いもんだろ」「う――」 癪だが、いまよりも上手になれるのなら、そのくらい安いものだ。「……教えてください、拓真様」「ん、よろしい」 満面の笑みになって、拓真がとなりに立つ。コツンと肩がぶつかったが、ふたりとも気にしな
47位 佐々木司さん
  • 情報提供魔王の条件 欲望の覚醒 佐々木司の妄想快楽クラブ佐々木司さんのプロフィール
  • (未完のため随時更新されます) 桜が散っていく様子を見て、感慨に耽るには佐々木司はまだ若過ぎた。通りを歩く人は春風に吹かれながら新生活に心を躍らせているのかもしれない。彼自身が今日から高校生活が始まるので、単純にそう思った。 自宅から最寄りの駅まで歩き、...
48位 太一さん
  • 情報提供傷心旅行① 褌野郎達の隠れ家太一さんのプロフィール
  •  ランチタイムにスマホを開ける。修司からメールが配信されていた。”ゴメン、もう終りにしよう”何故……俺は直ぐに電話する。だが既に繋がらなかった。虚しさを覚える。涙が零れそうになった。修司、付き合って2年。俺達の恋は終わった。数日が経過する。俺の心は晴れなかった。真夏の陽射しが肌に突き刺さってくる。俺の頭から離れない修司。俺は深慮した。来週行くはずだった凱悠島。生憎台風が直撃するみたいだ。だが俺は1泊
49位 Clariceさん
50位 さんまさん
  • 情報提供さんまの一期一会報告 みどりさん 3 情愛ストーリー日記さんまさんのプロフィール
  • みどりさんの柔らかい手で、にぎにぎされると、しっかりと大きく形を変えていく。触り方に、愛おしさを感じる。久しぶりに女を楽しんでいただけている。さんま冥利に尽きる瞬間だ。「食べてみる?」誘いに、こっくりと笑顔で答える。立ち上がると、ちょうど彼女の顔の高さになった。ちょろっと出した舌先が、遠慮がちに舐め始める。 続きは、http://blog.livedoor.jp/sanmastory/
更新時刻:18/02/24 20:30現在