恋愛小説(愛欲) 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/04/20 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(1)テクニシャンな痴漢 ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(1)テクニシャンな痴漢私は高山ららみです。高卒で就職した社会人7年目で、デパートの紳士服売り場で売り子をしています。通勤電車でほぼ毎日痴漢に遭っています。今日も触られたときはこれまでと同じタイプの痴漢だと思ってました。たいていの痴漢はお尻のあたりで手をモゾモゾさせるだけで、それ以上のことはしないライトタッチ

2位
てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(90) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  •  萌美は脳裏で悲鳴をあげてお潮の噴出を抑えようとするが、女体はいったん緩めた淫水ダムの堰を閉じることはしない。 その精神と肉体の争いが女体を痙攣させている。慶太は女体の異変をすばやく察知して身体を離した。 下腹部がピクピクと痙攣している。その痙攣に伴って恥丘がしゃくりあがり、恥肉から水が間歇に小さく噴きあがっている。 慶太はそれがお潮の漏らしであることがすぐにわかった。口にするのは丁度良い噴きあが

3位
鮎川かりんさん
  • 情報提供内臓を抉るような快感を あぶない女104 かりんの官能ミステリー鮎川かりんさんのプロフィール
  • 第104章 寿美と初めて会った日のシャネルスーツの印象が強く残っている所為か、彼女が経済的に恵まれていない状況を把握するのには時間がかかった。敦美と云う女には、金銭に対する執着がなかった。しかし、特に贅沢への関心もなく、平平凡凡な日々に、特別の不満も持っていない雰囲気があった。当初持っていた欲情した女体の女というイメージも、いまでは失せていた。リビングで寝ころんで、テレビを観ている敦美の表情には、
4位 熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味26 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  拓人は二人分のキャリーケースを部屋の隅に置いてから言う。「疲れたでしょ。シャワー、浴びておいで」「た、拓人さんお先にどうぞっ」「……そう?」 未夢はこくこくとうなずくしかできない。 すると拓人は「じゃあお言葉に甘えて」と言ってキャリーケースのなかから着替えを取り出して浴室のほうへ歩いていった。その途中、くるりと振り返って、「あ、一緒に入る?」 と言うものだから、今度はぶんぶんと首を横に振るしかな
5位 aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(3)デパート店員ららみ ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(3)デパート店員ららみ会社につくととりあえずトイレに入りました。まだエッチな気分が収まらないままで、オマタを確認するとヌルヌルの濡れ濡れでした。ビデで洗浄するときも感じてしまって変な声が出そうになるのを必死でこらえました。ふわふわした気分のままトイレを出て、更衣室で同僚に見つからないようにこっそりパンティ
6位 赤星直也さん
  • 情報提供「見えぬ赤い糸」第7話 黒い下着   赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第7話 黒い下着  2月に入り、受験も本番を迎えて、センター試験が行われた。勿論、寿哉も受験し「いい感じだぞ。これも合ってる!」新聞を見ながら採点した。「寿哉、本当に出来てるの?」「信用してよ。この通りなんだから」回答欄には赤い丸が多数あった。 「わかった、信用する。それから、お願いなんだけど、買い物付き合って欲しいの」「いいよ、何買うの?」「会社に着ていくスーツよ。入社式だけは、ちゃんとしないと
7位 ミミさん
  • 情報提供絶体輪姦33 プルんプリンミミさんのプロフィール
  • 「愛理お嬢様、何を入れてほしいの?」タクに耳元で囁かれて私は羞恥心に我にかえりました。「っ、何でもない…わっ」「何でもないわけないだろ?愛理お嬢様、何がほしいの?」いやらしく私の太股をぬるぬると這うタクの手と、背中に感じる彼の体温にぞくぞくして頭がおかし...
8位 kanno.iさん
  • 情報提供特攻の母 〜20年後〜 [官能小説]熟女の園kanno.iさんのプロフィール
  •  あの悲惨な戦争が終わってからもう20年になります。終戦時にはボロボロだった日本も新しい国として復活していました。以前よりも増して豊かな国になったように思えます。
9位 ミミさん
  • 情報提供絶体輪姦31 プルんプリンミミさんのプロフィール
  • 「愛理が可愛いからだって、全部精液を納めたくなるんだよ。全部掻き出してやるな。」「んっ、んっっっ!!」再度唇を塞がれ、タクの指が私の身体の最奥に入り込みぐちゅぐちゅと体内を掻き乱して、どろどろした精液を外へと掻き出しました。「はっ、はあっ、はあっ、全部…...
10位 由美杏樹さん
  • 情報提供お義兄さんに愛され過ぎ 終 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  • 「なんだよ。おまえぇ、美保ちゃんの可愛い顔が台無しだろ。ティッシュで拭いて拭いて」 お義兄さんは、お友達に言いながらおまんこに当てていたバイブを外した。わんわんスタイルの私のお尻の方に回った。「なんで?いいだろ?すっごいやらしいのに」 お友達はザーメンにまみれた私の顔をそのままに、また私のお口の中におちんちんを入れた。 先っぽの部分だけを挿れて腰を前後に揺すって鑑賞し始める始末よ。自分のザーメンに
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「援交ブルース」第15話 Shyrock:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第15話 風呂マットにあぐら座りをした車井山さんは私に「おいで、おいで」をしている。 私は少し照れながら車井山さんの膝の上にまたがった。 車井山さんの肩を手を置いて、ゆっくりと腰を沈めていく。 真下にはギンギンに硬直したオチンチンが待ち構えている。 オチンチンが敏感なところに触れた。(あれ……?) 目標よりも少し横にずれてしまって大陰唇に当たってる。(やぁん……) 車井山さんはもう一度試みた。 で
12位 aosaga9さん
  • 情報提供痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(4)逞しいお客様 ろま中男3 自作長編官能小説aosaga9さんのプロフィール
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(4)逞しいお客様通勤電車で痴漢に性器を直に触られて焦らされた私は、アソコがヌルヌルして落ち着かない気持ちのまま売り場に立ちました。開店と同時に男性のお客様が来ました。開店直後の紳士服売り場にお客様が来るのは珍しいので、開店後1時間程度の売り場は私一人しかいません。マニュアルでむやみにお声掛けしないと決まって
13位 紫さん
  • 情報提供ひまわり商店街へようこそ・6軒目 ふじむら(下) オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳紫さんのプロフィール
  • その週の水曜日の朝毎週水曜日は店の定休日で俺はベッドの中だったが、沙織は幼稚園行事の準備の為に息子と一緒に幼稚園に出掛けて行った午後の2時半には息子と一緒に帰ってくると言っていたから時間はたっぷりあるいざという時の為に不貞の証拠を入手しておかなければ…俺は徹底的に家の中を探した両親から「一体何を探してんだ?」と聞かれたが「古い友人にもらった名刺を探している」と適当な嘘を付いておいた
14位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供博士のアンドロイド【29】 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  • 「今のうちに、さっさと外に出るぞ!」「命令してんじゃねーよ!」 相手の実力は認めながらも、それでもつい祥子が噛みついてしまうのは、半ば条件反射のようなものだった。ようは、夏樹の性格が気に食わないのである。馬が合わないのだろう。 馬が合わないと感じているのは夏樹のほうも同様らしく、彼は祥子に反論した。続きを読む
15位 由美杏樹さん
  • 情報提供罪深き義母のよがり啼き 42 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  •  花火はどうだったの? そんな会話をした気がする。 間もなく風呂から上がってきた省吾と入れ違いで秀美は二階に上がった。 よく眠れなかったせいで、二人が二時過ぎに階段を上ってきたことに気が付いていた。 それから、ウトウトする間にアラームが鳴って、秀美は起きた。しばらくすると、幸作も起きてきた。 その幸作も出て行って、秀美は洗面台の鏡に映る自分を見ていた。 朝一番で見た時よりも目の下のクマが引いている
16位 熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味27 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  何とかしてキャリーケースのそばにたどりついた美樹が腕を伸ばす。すると、その手をぐいっと引っ張られた。「ひゃっ……!」 ベッドに引き込まれた美樹はあれよあれよという間に拓人に組み敷かれる。「だめだよ、そんな恰好で出てきちゃ」 苦しげな顔で、ひとりごとのようにつぶやいて拓人は美樹に顔を寄せる。 重なった唇は温かいような、冷たいような――よくわからない。「んん」 口づけは深くならなかった。拓人の唇はす
17位 熊野まゆさん
  • 情報提供甘い香りと蜜の味25 くまの恋愛官能小説熊野まゆさんのプロフィール
  •  土曜日。ショコラ・デ・マノークが開店して間もなくのことだった。「紗耶香さん! お久しぶりですーっ!」「久しぶりね。うん、元気そうでよかった」 にっこりとほほえんでいる紗耶香に向かって美樹は「はいっ、元気です」と答える。「今日はどうされたんですか?」「ウェディングケーキの打ち合わせに来たの。ああ、そうそう……聞いたわよ」 紗耶香はニヤリ、といった具合に口の端を吊り上げて、「拓人さんと付き合ってるん
18位 sazanami-hさん
  • 情報提供馮離 A面 28 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • BL小説(創作)目が醒めて、キッチンに行くと、ダイニングテーブルに朝食が用意されていた。ヘルパーさんが作ったんじゃない、賢さんだ。テーブルの上のメモには、賢さん
19位 由美杏樹さん
  • 情報提供罪深き義母のよがり啼き 43 官能創作家・由美杏樹由美杏樹さんのプロフィール
  •  胸の奥がカッと熱くなる。 言葉にも、自分を射抜くような鋭い視線にも。 家よ。ここは、家。 言えるわけがないでしょ。 秀美の想いを見て取れた省吾はクリトリスに舌を伸ばす。 大袈裟に顔を上下させてペロペロと音を立てながら、秀美を見つめる。 その動きを見るごとに、躰から心が離れていく。 舌を伸ばす省吾をこの二か月で幾度見ただろう。一心不乱に自分の女を愛してくれる省吾を。 窄めた舌は的確に秀美の心を無き
20位 一ノ瀬なつみさん
  • 情報提供第28節『寝取られ夢彦の冒険 第3巻』(一部公開) ひとり寝の夜のお供に…一ノ瀬なつみさんのプロフィール
  • 寝取られ夢彦の冒険(第3巻): 爆乳姉妹を淫乱教祖から救いだせ! [Kindle版]amazonにて350円で販売中!読み放題Kindle Unlimitedにも対応! 「あぐうううっ! ひあああああああっ!」カエデの獣のような悲鳴が、夢彦の耳に届く。その喘ぎ声に導かれるように、夢彦も一気に射精への階段を駆け上がる。ペニスは内側に爆発しそうな精液を秘め、パンパンに膨張している。教祖の腰のピッチがさらに上がる。パンパンパンパンパン
21位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「哀奴まどか」第2章 氷 雨 (1) イネの十四郎:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第2章 氷 雨 (1) もう、クリスマスも近い頃でした。その日の朝、私は妹と二人で、2日間の旅行に行く父と母を見送ったのです。父と母を乗せた車が、交差点を曲がって見えなくなると、妹と私は顔を見合わせたのです。 そうなのです。ホンの一瞬の目配せで、私達にはその意味が通じるのです。二人の素晴らしい、誰にも邪魔されることのない、2日間が始まるのです。 明日まで、まどかは何も着なくていいのよ・・下着も、洋服も
22位 赤星直也さん
  • 情報提供「見えぬ赤い糸」第6話 母の代理 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第6話 母の代理  寿治に抱かれるのを承知した靖子は、寿哉と一緒に風呂場から出た。「寿哉、父さんとセックスしても、姉さんを嫌いにならないでよね?」「そんな心配要らないよ。僕は姉さんが好きなんだから」 「約束よ。絶対に嫌いにならないって!」「約束する。それに、父さんとした後は、僕が姉さんと生でやるのも…」靖子を安心させようと、心使いをしながら戻った。 「父さん。今度は、父さんの番だよ」「俺の番って、
23位 長住哲雄さん
  • 情報提供危険な遊戯〈1〉 デートのワナ 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  •  性的な人々−22  「会うだけでいいからつき合ってよ」リンに頼まれて出かけたお見合いデート。しかし、それはリンが仕掛けたワナだった。男たちにムリに飲まされた彼女は……。 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 オーガズム 不倫  登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありませ
24位 ちょびわるオヤジさん
  • 情報提供【緊縛小説】 縄絡み (1-4) とあるロープワーカーの覚書きちょびわるオヤジさんのプロフィール
  • §1の4 電話を待つ 短期のアルバイトは、予定通り、その2日間だけで終了した。 ところが、それから幾ら、待てど暮らせど、職人からは、一向に連絡が入らない。あんだけ、「思わせぶり」 に、誘いを掛けて来たにも、かかわらず、である。今、思えば、確かに電話は、一家に一台、「家の電話」 しかない時代。 家に電話すれば、家族が出るのは分かっているし、自分が家に居る保証もない。当時は、「携帯電話」 などは、存在しな
25位 吉村蜜貴さん
  • 情報提供小さな悪魔の胸の内 みつつぼ2.0吉村蜜貴さんのプロフィール
  •  こんばんは、高杉圭です。【自著解説】でございます。 どんどんいきましょう。 よろしくお願いします。 小さな悪魔の胸の内 [Kindle版]高杉圭綜合図書2017-01-20『小さな悪魔の胸の内』 高杉圭名義としては通算十三作目。 短編としては四作目ですね。 今作は【フリーテーマ】でしたっけ? 二作連続で【フリーテーマ】はなかったような気がしますので、前作は【人妻】がテーマだったのでしょう。 タイトルにある通り、【
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 sayaさん
  • 情報提供新人5 私の性長記録sayaさんのプロフィール
  • 藤田君はしばらくして店に戻ってきた。『おかえり』彼は首をかしげながら不思議そうな顔をして言った。「誰もいませんでした」『そう。もう帰ったのかな』「誰なんでしょうね。何しにきたのかな」『さぁ、なんでしょうね』中の上クラスの店になれば面接時に容姿だってある程度は見られるもの。この店だけでも美人の部類はチラホラいる。そこに新たな美人が来れば最初のうちは彼女に客が集中するだろう。テクニックがあればすぐに
27位 ちょびわるオヤジさん
  • 情報提供【緊縛小説】 縄絡み (2-1) とあるロープワーカーの覚書きちょびわるオヤジさんのプロフィール
  • §2の1 訪問する次の週の土曜日。友人でもない、年上の人のお宅に、お邪魔するので、迷った挙句、手土産に、折り箱に入った、安いナボナを、買って行くことにした。職人の家は、自分の家からは、さほど、遠くもなかったのだが、あまり行き付けのない、場所にあったので、一度、最寄りの駅まで、バイクで行き、そこから、徒歩で向かうことにした。駅から、教わった通り、街道に沿って歩き、三つ目の信号を、左に曲がって、しば
28位 モルトさん
  • 情報提供後輩との情事52 静かな空に爪痕残すモルトさんのプロフィール
  • 2人がシャワーを浴びて出てくるのをやきもきしながら待っていた。遂にあの子達と夢の3pだぜ(^^)/やっと出て来た頃には遮断機が下がってしまった。2人はバスタオルを巻いて恥ずかしそうに体を寄せ合ってベッドルームに入ってきた。『今日の事は絶対に内緒だからね!』朱莉は仕方なさそうな表情を浮かべて言った。『OK!他言無用だね。』俺は親指を上げて答えた。『彼氏が浮気した只の当てつけだからね!』彼氏というワードを口に
29位 紅殻格子さん
  • 情報提供『人外境の花嫁』 一.異界の漂泊民(三) 妄想の座敷牢 〜紅殻格子の世界〜 紅殻格子さんのプロフィール
  • 『人外境の花嫁』FC2 Blog Ranking 一.異界の漂泊民(三)逢魔が時を迎えた神社の境内にも、いつしか深い森から闇が忍び寄ろうとしていた。寛三はアセチレンランプに火を入れた。ポッと炎が灯ると、独特の臭気が辺りに拡がっていく。相変わらず客は疎らだった。水槽からヨーヨーを一つ取ると、寛三はパンパン突きながら歌を口ずさんだ。「夜が冷たい心が寒い〜渡り鳥かよ俺等の旅は〜風のまにまに吹きさらし」東海林太郎の『旅
30位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供博士のアンドロイド【30】 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  • 「俺は実力で生き残っている」 腕を組みつつ胸を張った夏樹は、祥子を見下ろしながら誇らしげに言い切った。あまりにも自信満々なため、この発言をしたのが彼でなければ、冗談で言っているのか本気で言っているのかわからなくなるところであった。夏樹は当然、本心からこれをくちにしているのだろうけれども。 しかし、本心で言っていようがなんであろうが、返事をしづらい台詞も世の中にはある。むしろ、冗談で言ってくれていた
31位 sazanami-hさん
32位 てつやさん
  • 情報提供秘書 萌美(89) Eros`Eentertainmentてつやさんのプロフィール
  • 「こんなに愛液を流して…」 慶太はいかにも歳を思わせるような古風な表現で女を辱めてから顔に笑みを湛え、あらためて勃起を埋め込む。そして女の足首を掴んで股関節の柔らかさを愉しむように、思いっきり広げてからベッドに押さえつけた。 女の口から悲しい声が漏れていく。男に肉を打たれて脚を恥辱の限りに開かれる屈辱の悲鳴だ。 その女の上げる声に慶太は、「もっと愛液を流してほしいなぁ」と、さらに辱めてから、思いっ
33位 赤星直也さん
  • 情報提供「見えぬ赤い糸」第5話 夫婦の契り 赤星直也のエロ小説赤星直也さんのプロフィール
  • 第5話 夫婦の契り  2人はそれからも、度々寿治の見舞いに行っていたが、病状は次第に悪化している。「靖子に寿哉。もう長くないのはわかってる。一度でいいから、家に帰らせてくれないか?」 「父さん、家に帰りたいんだ!」「そうだ。それに、お前達夫婦の誓いも見たいし…」「そんな、夫婦の誓いを見せるなんて、恥ずかしいです」顔を赤らめる靖子と寿哉だが「やってくれ、俺の目の前で…」熱心に頼み込んだ。 それには「
34位 sazanami-hさん
  • 情報提供暁と星 70 (R-18) 春 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • 小説15禁・18禁(性描写あり)並川と初音がリビングスペースで睦み合う最中、治療室兼、星良と暁良のベッドルームでは、並川夫妻に負けない位、星良と暁良は濃密な時間を過
35位 ミミさん
  • 情報提供絶体輪姦32 プルんプリンミミさんのプロフィール
  • 「あっ、あっ…!」そのままタクの掌が、脇腹、太股と滑り降り、足の側面を足首へと滑り降り、ゾクゾクと背中を突き上げる快感に私はだらりと身体をタクに預けて喘ぎました。「あっ、いやっ」なんて恥ずかしい姿をしているの、不意に私は正気に戻り姿勢を戻しました。「愛理...
36位 長住哲雄さん
  • 情報提供男だって濡れる? 「ガマン汁」の正体 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  • 男だって、感じただけで濡れてきます。俗に「ガマン汁」と呼ばれるその液体には精子は含まれていません。その正体は…? 性とエッチの《雑学》file.5《改訂版》   R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫  ペニスを射精するための道具、と思っている女
37位 岡崎潤さん
  • 情報提供その女、危険性。(十二話) 女の陰影岡崎潤さんのプロフィール
  • 十二話 多重する禍根  得体の知れない悪魔的な力に犯されたという確かな記憶が明江の中に残っていた。裸身に何かがからみつく寒気と怖気、そして超常的な快楽の折り重なった性の記憶。股間に太い何かをくわえこんだ感覚が残っているのに、ハッとして目覚めたとき、明江は何事もなかったように黒い下着を着たまま、全裸の浅里、全裸の佳衣子に左右から寄り添われ、ホテルの大きなベッドに眠っていた。時刻は深夜の一時になろうと
38位 HAKASE(jnkt32)さん
  • 情報提供パノラマカーと変な犬 第50話「鳴動」 HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログHAKASE(jnkt32)さんのプロフィール
  • 薄明りの射す寝室の ダブル・ベッドの上で進む、初美と中条の まったりとした濃い行為は、初めの正常位に戻っていた。図らずも同室となり、漂う喘ぎと呻きを聞きながら「行為」の現場に居合わせる事となった、由香、由紀の木下姉妹は、これ又「行為」が始められたと同じ、交わる大人の男女の下方、所謂「ハメ撮り」位置にうずくまり、熱く潤う交合部を、飽かず眺めていた。「う〜ん、好い眺め!いつまでも見とりたいなぁ、これ・
39位 朝比奈ひな子さん
  • 情報提供博士のアンドロイド【28】 朝比奈ひな子のすけべノート朝比奈ひな子さんのプロフィール
  •  窓に空いた穴からさらに手を入れた冬彦は、なにやらがちゃがちゃとやっていたかと思うと、今度は窓の鍵をも破壊してしまう。 ばきん、と物騒な音がし、それで仕事は済んだとばかりに冬彦は穴から手を引いた。 そうして彼が窓を引くと、ガラスが粉砕された窓は呆気なくからからと開いたのだった。 祥子は信じられないものでも見るような目で、冬彦を見上げる。続きを読む
40位 Mikikoさん
  • 情報提供東北に行こう!(1415) Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  • み「ほー。 語りたがるのがわかりますな。 これこそが、“サワリ”ってことですな」婆「この意味を聞いて、涙を流す人もおられる。 ぽかーんとしておるのは、お主くらいじゃ」み「それじゃ、悲しまない親はどうなんすか? 虐待とかで子供を殺した親」婆「親が悲しまないのなら、子に罪はない。 すなわち、河原で石を積む必要はなく……。 即座に地蔵菩薩さまに救われる」婆「殺した親はもちろん、無間地獄行きじゃ」婆「わか
41位 segakiyuiさん
42位 さんまさん
  • 情報提供さんまの一期一会報告 Fご夫妻 5 さんまのアダルトストーリー日記さんまさんのプロフィール
  • いかがわしい店とは思えない明るい照明の店内では、怪しいおじさんだけでなく、若いカップルや女性のお客もちらほらと思い思いに商品を手に取って見ていました。フロアごとに、一通り見て回っていくと、コスプレ服に興味がおありのようで、手に取ったりして、じっくりと見ておられました。「ご主人にリクエストされることあるんですか、セーラー服とか。」と聞いてみたら、「それは気持ち悪いでしょう。」と微笑み返されてしまいま
43位 先生の秘密基地さん
  • 情報提供リアルタイム。 新・先生の秘密基地先生の秘密基地さんのプロフィール
  • 今から先生のレッスンです 他の方も たくさんいるし、 勝手にカラダが反応したら困るので(笑) あんまり先生を見ないよ ... Copyright © 2018 新・先生の秘密基地 All Rights Reserved.
44位 未知の星・別館さん
  • 情報提供「生け贄の婦警」第16話 罰のリング 赤星直也:作 未知の星・別館未知の星・別館さんのプロフィール
  • 第16話 罰のリング  開店してから時間が過ぎた。「これより、恒例のショーを始めさせて頂きます…」店内に支配人の声が響いていく。(いよいよだわ。負ける訳には行かないし…)貴子と久美も緊張している。店の中央に、四角のマットが敷かれ「組み合わせはこの通りです。負けたら、罰ゲームが待っていますから、真面目にやって下さい」組み合わせが決まり、貴子と久美の戦いになった。 (負ける訳には行かないし…)2人が考
45位 一ノ瀬なつみさん
  • 情報提供【新作発売!】シリーズ第5弾『寝取られ夢彦の喪失(上)』 ひとり寝の夜のお供に…一ノ瀬なつみさんのプロフィール
  • こんにちは、一ノ瀬なつみです。いつも当ブログ『ひとり寝の夜のお供に』をお読みくださり、ありがとうございます。先月リリースした『寝取られ夢彦の冒険(第3巻)』もたくさんの方に読んでいただけました。体調を崩し、第2巻から第3巻まで、半年近くお待たせしてしまいましたが、本当にありがとうございます!いかがでしたでしょうか?感想・レビューをお待ちしています。このブログ(PC版)右上のメッセージやブログコメン
46位 ちょびわるオヤジさん
  • 情報提供【緊縛小説】 縄絡み (2-3) とあるロープワーカーの覚書きちょびわるオヤジさんのプロフィール
  • §2の3 裏・ビデオ鑑賞会 宴もたけなわ。 話には、次第にエロスが加わってくる。    「こいつ、もう童☆貞じゃないみたいだぞ?」    「あらっ、隅に置けないのね・・・」 「そろそろ、続きを見るか?」 と、言うことになり、最近、手に入れたばかりで、職人もまだ、見てないという、和モノの作品を、見ることになった。    「『洗濯屋ケンちゃん』 って、    随分と可笑しなタイトルですね・・・」 これが後に 「
47位 Mikikoさん
  • 情報提供由美と美弥子 2502 Mikiko's RoomMikikoさんのプロフィール
  •  浅井さんの両手が、黒谷さんのお尻に回った。 桃をいただくように、手前に引き寄せる。 意図を理解したのだろう、黒谷さんは素直に腰を送った。 股間を、浅井さんの口元に近づける。 浅井さんが頭をもたげ、黒谷さんの裂傷に顔面から飛びこんだ。「ひぃ」 黒谷さんの喉笛が鳴った。 考えてみれば……。 あれだけの膣液を零しながら、性器への直接刺激はこれが始めてだったのだ。 待ち望んでいた感触なのだろう。 しかし
48位 HAKASE(jnkt32)さん
  • 情報提供パノラマカーと変な犬 第52話「功為」 HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログHAKASE(jnkt32)さんのプロフィール
  • 「信じられんわ・・」正に日付が変わらんとする、深夜の階下を眺めながら、中条は呟く。「あのアホな Kuso犬が、周りの住人たちに称えられとる。でき過ぎやて・・」 由香「ええやないですか。ご近所の皆さん、マルちゃんをこぞって褒めてはる・・」 由紀「そやね。あたしゃ彼、きっと良い子や思うてましてん・・」 初美「ホントにね。何だかだって言ったって、やっぱり立派な飼い犬よ」 甲高い咆哮が、薄暗い夜空に響き始めて
49位 長住哲雄さん
  • 情報提供彼女がパンプスを脱ぐとき 不純愛講座 by 長住哲雄長住哲雄さんのプロフィール
  • 男と女のモテ技  W-09  男が「アッ!」と驚くような突飛な行動を、突然にとる女性がいます。今回登場のN美嬢も、そんなひとり。そして彼女がとった突飛な行動とは、「いきなりパンプスを脱ぐ」でした――。 【SEOリンク・キーワード】エロ 官能小説 モテ  不倫 M  は「男からのモテ技」、 W  は「女からのモテ技」、 N  は「男女共通のモテ技」です。 都内で小さな輸入雑貨の店を営むF氏のオフィスには
50位 モルトさん
  • 情報提供後輩との情事53 静かな空に爪痕残すモルトさんのプロフィール
  • 近づいてくる女子2人の香りに遮断機が再び立ち上がっていった。玲奈が布団を捲ると海老反りになっている遮断機が露わになる。『ちょー大きいよね!触ってもいい?』玲奈は何故か持ち主の俺ではなく朱莉に同意を求めた。『いいよ!沢山触ってあげて!!』朱莉は何とも有難い言葉を玲奈に掛けてくれた。床に膝を付いてベッドの上にいる俺の遮断機を指でサラサラと上から下まで軽く触れてから根元をしっかりと握ってくれた。触ってくる
更新時刻:18/04/20 15:30現在